人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0069380_08524465.jpg
「北京 折りたたみの都市」という

小説を読んだ。

近未来のSF小説である。

将来、都市の膨張により、北京は、

3つの空間にわかれる。

第一空間は、富裕層のため。

第二空間は、朝6時から夜10時まで。

第三空間は、夜10時から朝6時まで。貧困層向け。

この3つの空間が、回り舞台のように、毎日大転換する

というお話。

格差社会がヴィジュアルに表現される。

映画化も予定されているとか。

ぜひ見てみたい。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ

c0069380_08500447.jpg

by kitanojomonjin | 2019-05-30 09:01 | 中国 | Comments(0)

弥生ネコ 2019年5月25日

c0069380_08431649.jpg
c0069380_08441004.jpg
c0069380_08445535.jpg
先日、佐倉の歴史民俗博物館に行ってきた。

先史・古代展示が、リニューアルされていて、

ビックリした。

最近の知見が、ふんだんに盛り込まれ、

活気があった。

面白かったのは、弥生ネコが、登場していること。

これまでは、縄文イヌは、人間の友達的存在として

知られていた。

弥生時代に入って、コメの貯蔵のため、

ネズミ対策として、イエネコとしての

弥生ネコの存在が、最近クローズアップされて

いるようだ。

縄文イヌと弥生ネコ。

なるほどね。

どちらも、人間となが~いお付き合いなのだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2019-05-25 08:54 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_08473844.jpg
雪の幻想性をテーマに、毎年募集している

ゆきのまち幻想文学賞。

ことし、82歳の大賞受賞者が出て話題になっている。

「待合室」という作品を書いた中野睦夫さん。

審査にあたった夢枕獏さんが、

こんな作品評を寄せている。

「82歳の人がこういうものを書けるの?

読んでいくと、吸血鬼が棺桶で寝ているイメージが

湧いてきた。

泉鏡花の香りがする作品。」

北国の駅の待合室で待っていたのは、

雪女だったという話なのだが、

あまたある雪女ばなしに負けない

すごみのある作品である。

一読をおすすめする。

(別冊ゆきのまち通信に、所収)

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ


by kitanojomonjin | 2019-05-22 08:57 | 人生 | Comments(0)

c0069380_08500447.jpg
c0069380_08503627.jpg
c0069380_08511305.jpg
先日、津軽に行ってきた。

津軽は、まさに、春たけなわ。

そろそろ、田植えの準備が始まり、

田んぼに水が張られている。

光線の具合で、岩木山が映り込む「鏡田」がみられる。

津軽ダムに足を延ばすと、

一部残雪が残り、季節は、まだ早春。

木々の若葉色がまぶしい、春もみじの季節である。

岩木山の日本海側、鯵ヶ沢町建石地区では、

今菜の花畑が、まっさかりである。

ここ何年かのなかでも、ロケーションといい

花の咲き具合といい、最高のものだった。

弘前公園のさくらが終わっても、

津軽の春は、これからが、たけなわである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ


by kitanojomonjin | 2019-05-18 08:59 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_09190681.jpg
c0069380_09194272.jpg
c0069380_09202999.jpg
先日、下北沢のB&Bという本屋に行ってきた。

なかなか面白い本屋さんだった。

B&Bというのは、Book and Beerという

意味だそうで、店内に、ビールのカウンターがある。

それにもまして、個性的な本のそろえ方が

魅力的だ。

「100年前の東京と自然」という本を見つけた。

100年前に、日本に来たイギリスのプラントハンターが

東京の巨樹を撮影している。

「今記録しなければ100年後に消えてしまうだろう」という

使命感に燃えて撮影したものだという。

そのため、巨樹を主人公にすえて、撮影している。

たまに、人間が映っていても、樹の大きさを示す

モノサシがわりである。

いずれも、ほれぼれする写真である。


なかでも、裏表紙にも登場する大イチョウが、

感動的である。

麻布善福寺の大イチョウ。

国指定の天然記念物として現存している。

東京大空襲で、幹の上部が損傷したが、

見事に樹勢を回復して、再生したという。

いちど、ぜひ見に行ってみたいものだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2019-05-12 09:39 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_08545424.jpg
世の中には、信じられないことが、あるものだ。

いま、原宿で開催されているボーン・ミュージック展を

先日、見てきた。

1940年代から60年代のソビエト。

アメリカのジャズやロックンロールは、

禁じられていた。

どうしても、聴きたいという思いが、

このボーン・レコードを生み出した。

病院で、不要になったレントゲン写真に

自作のカッティング・マシーンで

音楽を録音した。

一種のソノシートのタイプの自家製レコードである。

このアンダーグラウンドの製作者のインタビューも

紹介されていた。

「金儲けでやったんじゃない。

新しいロマンの冒険だった。

多くのひとに文化を届けたかった。」

ここに、文化の原点があるような気がした。

暗い会場に流れるロックンロールが

不思議な輝きをもって聞こえた。

5月12日まで。

おすすめ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ


by kitanojomonjin | 2019-05-08 09:06 | カルチャー通信 | Comments(0)

c0069380_08495025.jpg
青森県八戸市で、演劇活動をしている

柾谷伸夫さんから、新作の案内が来た。

「約定の城」と題して、

九戸城を本拠地に、

わずか5千で、豊臣軍7万と戦った

九戸政実の物語。

5月24日(金)25日(土)

八戸の公会堂文化ホールで上演されるという。

お近くの方、ぜひいらっしてください。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2019-05-04 08:57 | カルチャー通信 | Comments(0)