人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0069380_08453453.jpg
c0069380_08460969.jpg
東京は、好天が続く。

多摩川べりから、富士山を鮮やかにのぞめた。

気が付くと、マンサクの黄色い花も

ほころび始めていた。

春遠からじ。

じき、梅も咲き、春がおとづれることだろう。

あと、1か月の辛抱である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2019-01-29 08:52 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_14544521.jpg
c0069380_14550549.jpg

c0069380_14555388.jpg
先日、岩木山神社に行って来た。

遅まきながら、初詣である。

のんのんと雪が降っていた。

本格的な北国の雪である。

社殿も、まわりの木々も

降りしきる雪に、包まれていく。

一瞬、雪に音が吸い込まれていくように

音のない世界がひろがる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
            人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2019-01-25 14:56 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_09481675.jpg
c0069380_09491323.jpg
ここのところ数年、クラシックシネマをみつづけている。

去年、見た中では、「渚にて」が、忘れられない。

第三次世界大戦が勃発し、地球は滅亡寸前。

アメリカ軍の潜水艦の艦長役が、グレゴリー・ペック。

潜水艦がたどりついた南半球のオーストラリアの渚では、

一見おだやかな市民生活が。

しかし、北半球は、核戦争で絶望的。

核の雲が南半球に押し寄せるまで、

つかのまの命である。

残された命の時間をどのように過ごすか?

人生の楽しみを享楽し、自殺するひと。

愛する人と死を迎えようとするひと。

さまざま。

この映画の中で、興味深いシーンがある。

核で完全に死の街になったはずなのに、

北半球から、メッセージが、発信されつづけていた。

だれか生存者がいるのではないか?

潜水艦に、探索の指令がでる。

決死の思いで、それを確かめに行った結果は・・・。

カーテンのひもに絡まったコーラのビンが、

風に揺れて、モールス信号をたたき続けていたのだ。

痛烈な現代文明への皮肉である。


そしてラスト。

グレゴリー・ペックの潜水艦は乗組員全員の総意で、

ふたたび、ふるさと北米への最後の旅に出発する。

そこは、すでに死の街になっているのに。


この映画のメッセージは、少しも、古くなっていない。

考えさせられる。

必見である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
           人気blogランキングへ










by kitanojomonjin | 2019-01-20 10:16 | 人生 | Comments(0)

c0069380_16171944.jpg
いま、青森市の県立郷土館で、「白神のいにしえ」という

展覧会をやっている。

津軽ダム建設のとき出土した縄文時代の遺物を

展示している。

圧巻は、ポスターにもなっている人面付の注口土器である。

その不思議な表情は、発掘当時から、“縄文の王子”といわれて

一目置かれていたという。

やはりこれは、女性と見て、“白神の女神”とでもいうべきだろう。

独特の気品にあふれている。

縄文時代の芸術性の高さの現れである。

展覧会は、1月20日(日)まで。

おすすめである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
           人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2019-01-15 16:25 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_15493559.jpg
「奇跡の本屋をつくりたい」という本を読んだ。

むかし、小さい街には、決まって、これぞという小さな本屋さんが

あった。

札幌のくすみ書房も、そんな頑張る小さな本屋さんだった。

逆転の発想で、ユニークなアイデアで、勝負してきた。

「なぜだ!?売れない文庫フェア」

絶版寸前で、なかなか手にはいらない文庫本をそろえ、

完売した。

「中高生はこれを読め!」

本に、縁遠い中高生に、おせっかいな本屋のおやじからと称して

推薦本を並べた。

残念ながら、ご主人久住さんは、2017年8月、病気で亡くなられた。

この本は、久住さんの遺稿である。

生前、札幌で久住さんと親しかった政治学者中島岳志さんが、

メッセージを寄せている。

札幌のある会合で偶然、久住さんに会った中島さんは、

翌日早速、久住さんの店を訪ね、

すっかり気に入って、本屋のある琴似に、引っ越してきた。

以来、10年あまり、交遊があったという。

「ソクラテスのカフェ」という本屋併設の喫茶店を拠点にして、

地域のネットワーク活動を繰り広げた。

小さな本屋さんは、地域の文化の窓口なのだ!

久住さんの大健闘にもかかわらず、小さな本屋の経営は

常に、ピンチだったという。

小さな本屋さんが、生き延びる道は、

この国に残されていないのだろうか?

考えさせられる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
           人気blogランキングへ





by kitanojomonjin | 2019-01-10 16:06 | 人生 | Comments(0)

c0069380_11562162.jpg
深緑野分の「戦場のコックたち」を読んだ。

第二次大戦を終結に導くノルマンディー降下作戦に従軍した

若き兵士たちが、主人公である。

パラシュート歩兵連隊に所属し、

戦闘に従事しながら、特技兵として戦場のコックを勤める。

いわゆる「兵站」の視点から、戦争を取り上げている。

たとえば、次のくだりが、印象的だ。

「人体に喩えると兵站路は大動脈だ。

兵站路の確保は戦争に勝つための絶対条件であり、

多少の犠牲を払ってでも奪取し、

守らなければならない。

そして敵は、相手の大動脈を切り裂かんと画策する。」

登場人物の会話にこんなのがある。

「一体このノルマンディーに何万人のアメリカ兵が

配備されていると思う?

兵士ひとりあたりの一日平均補給量は、

53ポンド(約24キログラム)だぜ。

ちなみに半数が弾薬、残りの半分は燃料、

あとは食糧と日用品。

わかるか?この量がどれだけ膨大か?」

第二次大戦のアメリカの戦いは、完璧な物量の戦いだった。

この小説は、戦争を「兵站」というまったく違った視点から、

切り取り、そこで苦悩する若い兵士たちの物語を綴っている。

実に、面白い。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
           人気blogランキングへ







by kitanojomonjin | 2019-01-05 12:19 | 人生 | Comments(0)

c0069380_09431827.jpg
2019年初富士。

ちょっと雲がかかっているが、まずまずの雄姿。

今年は、どんな年になるやら。

今朝読んだ新聞のガンジーの言葉が

忘れられない。

「未来は我々がいま

何をなすかにかかっている」

あなた任せで待っていても

なにもはじまらないことは確かのようだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
           人気blogランキングへ


by kitanojomonjin | 2019-01-01 09:49 | 季節の風 | Comments(0)