人気ブログランキング |

<   2018年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

梅雨明け 2018年6月30日

c0069380_09011407.jpg
今日の東京は、快晴。

関東甲信地方は、きのう梅雨明けとか。

例年より22日も早いという。

ビックリである。

またまた暑い日が続くのか?

多摩川の川べりのアユの釣り人のシルエットが

いささか涼しげだった。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。


by kitanojomonjin | 2018-06-30 09:05 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_13194102.jpg

先日、「アートを生きる」という本を読んだ。

森美術館の南條史生館長の現代アートに取り組んだ半生記である。

やさしい言葉の中に、なるほどと思わせる、現代アートの真髄が

語られている。

たとえば、

「アートには毒がある。

しかし、その毒は薬でもある。

(中略)

その危うい、批判者としての位置を

アートは、現代の社会の中で果たすのだともいえる。」

なるほど。

現代アートも、時代と切り結んでいるのだ。

そういえば、ローレンス・ブロックの

ミステリー小説でも、主人公のアル中探偵が、

ウイスキーのボトルを見てつぶやくシーンが

あった。

「この中に、毒と薬が入っている。」

現代社会には、毒と薬が、かかせない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2018-06-26 13:28 | Comments(0)

c0069380_08532803.jpg
梅雨の中休み。

今朝、多摩川べりを散歩したら、

水量の増した川に、

釣り人の姿があった。

今月から、解禁になったアユを釣る人だろう。

週末、土日ともなれば、

もっと多くの釣り人が、押しかける。

この季節が過ぎると、

じき灼熱の夏がやってくる。

しばし、初夏のさわやかな風を楽しもう。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ



by kitanojomonjin | 2018-06-22 08:58 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_12161844.jpg
先日、東京駅で、こんなポスターを見た。

秋田県男鹿の雲昌寺というところの

アジサイである。

境内一面みごとなアジサイである。

みちのくのあじさい寺として、有名だという。

知らなかった!

機会があったら、ぜひ行ってみたいものだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





by kitanojomonjin | 2018-06-18 12:22 | 旅の街角から | Comments(0)

あと47日! 2018年6月16日

c0069380_22510907.jpg
新青森駅で、眼にした看板。

あと47日!

何のことかと思ったら、

青森ねぶた祭り開始までの

日数だった。

そうか!

あと1か月半で、いよいよ

夏祭りの季節だ。

うかうかしていられない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

by kitanojomonjin | 2018-06-16 22:54 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_08353555.jpg
先日、青森でひさしぶりに、ディーゼルに乗った。

4人掛けの席に座ると、

旅のくつろいだ感じがする。

電車と区別して、これも、“きしゃ”というらしい。

“きしゃ”というと、SLのことだと思っていたが。

ところで、ディーゼルというと、

この歌を思い出す。

ディーゼル(作詞:江上徹、作曲・歌:六角精児)

「走る列車のリズムに合わせ

 缶ビールが揺れている
 
 窓の景色もそこそこに

 ああ少し酔ってしまったな

 海岸線は故郷へ向かう道

 負けたんじゃない
 
 逃げるんじゃないさ

 ほんの少し弱くなっただけ」

 各駅停車のゆるい旅の感じと、

 故郷への郷愁が、ほろ苦いビールの味とともに

 伝わってくる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





by kitanojomonjin | 2018-06-11 08:47 | 旅の街角から | Comments(0)

c0069380_08303679.jpg
c0069380_08305890.jpg
c0069380_08314091.jpg
先日、津軽峠に行ってきた。

白神の山々を遠望できるすばらしい場所である。

いま、山中が、春ゼミの鳴き声で一杯だった。

そして、道々、タニウツギのピンク色の花が

花盛りである。

峠に近くなって、次第に高度を上げていくと、

タニウツギの花も、小ぶりになり、

その分、華麗さを増すように感じられた。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

by kitanojomonjin | 2018-06-09 08:36 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_21075443.jpg
今、津軽では、シロツメクサが花盛り。

その甘い香りが、むっとするほど立ち込めている。

最近、気が付いたのだが、

りんご園の下草に、いちめんシロツメクサである。

天然の窒素補給のためとか、

害虫の駆除に効果があるとか。

理由は、さまざまだが、りんご園の風景も

だいぶ、変化してきている。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


by kitanojomonjin | 2018-06-07 21:12 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_09361389.jpg
c0069380_09365307.jpg
先日、「めぐり逢わせのお弁当」という

インド映画を見た。

ムンバイの退職間際の主人公が、

お弁当の誤配で、ある女性と手紙の交換を

するというお話である。

ここで、狂言回しになるのが、

ダッバーワーラーというお弁当配達人。

ダッバーというのは、3段重ねのアルミ製のお弁当。

インドでは、家庭から、会社へお弁当を運ぶ

仕事が、定着しているという。

その配達人の多くは、読み書きできない人も多いが

わずかな色分けと数字だけで、確実に職場に届け、

空の弁当箱を家に帰す。

その正確さは、見事なもので、

外国の研究者の調査だと、誤配達は、600万に1個とか。

物語は、その600万に1個の誤配達から

始まる。

一見、メルヘンのようなタッチで始まるが、

老いや病気、家庭不和という

現代人共通の問題が

じわりとたちあらわれる。

味わいのある映画である。

カンヌ映画祭をはじめ、各賞を受賞している。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ







by kitanojomonjin | 2018-06-03 09:53 | 人生 | Comments(0)