カテゴリ:縄文( 276 )

c0069380_14333494.jpg
c0069380_14325373.jpg
c0069380_14321201.jpg
いま、ユーチューブで、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の

映像が、7種類まとめて見れる。

かってに、縄文セブンと名づけて、楽しんでいる。

縄文全体のバージョンが2種類、北海道版、青森版、岩手版そして、秋田版。

さらに、変り種は、英語版。

英語のナレーションで聞くと、縄文がまったく異次元のように

聞こえるから、不思議である。

この縄文セブン、アクセス数が、この2ヵ月、

毎月1万ずつ増えている。

驚きである。

上野の国立東京博物館の「縄文展」が、30万人、入場者があったというが、

いま静かに、縄文が熱くなっているのかもしれない。

いちど、縄文セブンをのぞいてみたら?

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
                          人気blogランキングへ



[PR]
by kitanojomonjin | 2018-09-27 14:34 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_09175497.jpg
c0069380_09184676.jpg
c0069380_09190937.jpg
先日、津軽の岩木山のふもと、大森勝山遺跡に

行ってきた。

ここは、大規模な縄文時代のストーンサークルで知られる。

ストーンサークル自体は、調査が終わった後、

埋め戻されている。

草原に、ツリガネニンジンだろうか

青い可憐な花が、一面に広がっていた。

すぐそばには、川のせせらぎも流れ、

縄文人が、岩木山の山を望みながら、この地で

定住していたことが、実感できる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
                          人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2018-09-21 09:26 | 縄文 | Comments(0)

縄文事典 2018年9月7日

c0069380_11575640.jpg
c0069380_11582454.jpg
「縄文事典」が届いた。

三内丸山縄文発信の会が、青森県の監修を受けて

まとめたもの。

なかなかコンパクトによくまとまっている。

なかでも面白かったのは、「海進・海退」のページの

「古十三湖」の地図。

縄文時代は、温暖化が進んで、海水面が現在より、

2~3メートルほど上昇していたという。

内陸にある貝塚などから推定すると、

津軽半島の十三湖は、ずいぶん大きな面積であったというのだ。

「古十三湖」と名づけられている。

有名な亀ヶ岡遺跡は、その古十三湖に面していたことになる。

知らなかった。


それにしても、東日本大震災のとき、東北の縄文遺跡は

ひとつも津波の被害にあわなかったという話を思い出した。

縄文人は、結果として、住みやすい安全で快適な場所を選んで、

「定住」していたのだ。

日本列島の未来を思うと、

改めて、考えさせられることが多い。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
                          人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2018-09-07 11:58 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_08160475.jpg
先日、上野の東博へ「縄文展」を見に行ってきた。

圧巻は、国宝の縄文の女神。

超現代的な美の表現である。


そして、きのうのニュースで、

北海道・北東北の縄文遺跡群が、世界遺産の

推薦候補に決まったと報じられた。

5年越しのこと。

やっとここまで、たどりついたかという感が。


でも、縄文展の縄文の土偶・土器をみていると、

あらためて、縄文は世界遺産の資格が

充分あると感じられた。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
       人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2018-07-20 08:27 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_13072051.jpg
先日の東京縄文塾で、赤坂憲雄さんが、

ネリー・ナウマンの「生の緒」に出ている

興味深い月の伝説を紹介してくれた。

さっそく、「生の緒」(いきのお)をみてみた。

宮古島に伝わるという、月に閉じ込められた

水桶を担ぐ男のはなしである。

「月神が人間の生命に限りがあるのを不愍におもって、

生の水を人間に、死の水は蛇に飲ませようと思った。

二つとも水桶に入れて男にかつがせて地上に送った。

ところが男は疲れてやすんでいる間に、一匹の蛇が現れて来て

生の水を浴びてしまった。

そのために、人間は仕方なく死の水を飲むしかなくなり、

蛇は毎年脱皮してながく生き、人間は永生することが

できなくなったという。」

月の中には、この天秤で生の水と死の水を担いだ男の姿が

見えるという。

ネリー・ナウマンによれば、この見方は、万葉集や神話にも

登場し、縄文人もこんな世界観を持っていたのでは

ないかという。

赤坂さんは、指摘する。

縄文研究は、もっと、日本の神話研究や図像研究の

成果にも、目をむけるべきだという。

なるほど!

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ







[PR]
by kitanojomonjin | 2018-02-07 13:22 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_15194839.jpg
今月29日(月)、午後6時半から

築地の朝日新聞読者ホールで、

「縄文と月の女神」というテーマで、

東京縄文塾が開かれる。

講師は、民俗学者の赤坂憲雄先生。

どんなおはなしになるか、楽しみである。

詳しくは、HPみんなの縄文にも,紹介されているので

そちらをご覧ください。

HP「みんなの縄文」
   http://www.jomonjin.net



ところで、今月は、満月が、2日と31日と2回ある

珍しい月だという。

とくに、31日夜10時30分には、皆既月食も観測される。

ブルームーンといって、この月をみると、

幸せになれるとか。

しばし、月のロマンにひたってみたらいかが?

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2018-01-08 15:27 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_20451112.jpg
16日土曜日、三内丸山遺跡で行われたJOMONガーデンづくりは、

大盛況だった。

けさの地元紙にもこんなふうに紹介されていた。

(陸奥新報・2017年9月17日付)

「大型竪穴住居の中で行われたワークショップでは、

親子連れらが葉っぱ石などを使い縄文時代の自然を

イメージした箱庭作りに挑戦。

スタッフの手ほどきを受けながら、丁寧に

葉っぱや石を土台に飾り付けた。」

子供たちは、縄文の丘を作ったり水場を作ったりして、

そこに思い思いの土偶を配置する。

みんな熱中して、所定時間の2時間が

あっというまに過ぎた。

参加した親子からは、来年もやってほしいという声もでるほど。

縄文のワークショップの新しい可能性を感じさせる。

これは、お手本なし、正解なしの

想像力をはたらかせるワークショップなのだ。

指導してくれた菊池徹夫先生、

縄文アーティストの安芸早穂子さんに感謝である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2017-09-17 21:01 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_11411012.jpg
今週末、9月16日(土)13時から、三内丸山遺跡の大型竪穴住居で

開かれる「縄文ワークショップ」。

今年は、縄文アーティスト安芸早穂子さんの指導で、

土偶が暮らすミニチュア・縄文ガーデンを作ろうという楽しいもの。

とても、魅力的なポスターが完成している。

眺めているだけで、縄文へのイマジネーションが、湧き上がってくる。

(「縄文ワークショップ」のみ、事前の申し込み必要。)

ぜひ、ふるって参加してください。

くわしい問い合わせは、三内丸山縄文発信の会まで。

Tel.017-773-3477


詳細は、HPみんなの縄文でも、ごらんになれます。

http://www.jomonjin.net


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-09-14 11:47 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_08083915.jpg
縄文人の遊びごころの圧巻は、このさまざまな土偶だろう。

いずれも、三内丸山遺跡から出土したもの。

その数2000以上。

ひとつの遺跡から出土した数としては、最高である。

そしてその土偶のかたちも、きわめて特徴的である。

ほとんどが、十字型をしているのである。

三内丸山遺跡特有のファッションだった?

それにしてもなぜ十字型なのか?

いろんな想像を掻き立てられる。

いまのところ、気に入っているのは、

空を飛翔する姿ではないかというもの。

見れば見るほどそんな気がする。


この映像は、北海道・北東北の縄文遺跡群~青森県の遺跡~で、

ご覧になれる。

ユーチューブでも見れるよ!

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-11 08:20 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_11425896.jpg
この釣り針は、いつみてもほれぼれする。

縄文人は、獲物の魚にあわせて、いろんなタイプの釣り針を作っている。

これぞ縄文人の職人技の腕の見せどころだろう。

各地の縄文遺跡や貝塚から出土しているが、

この北海道の貝塚のものが、とりわけ美しい。


北海道・北東北の縄文遺跡群~北海道の遺跡~で、

ご覧になれる。

ユーチューブでも見れるよ!

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-05 11:48 | 縄文 | Comments(0)