小説を、映画を、鉄道が走る 2018年11月12日

c0069380_09015458.jpg
c0069380_09012451.jpg
川本三郎の本を2冊並行して読んでいる。

「あの映画に、この鉄道」は、鉄道を舞台にした映画を

北海道から順番に訪ねていく。

「張り込み」「点と線」「飢餓海峡」

数え上げたらきりがない。

これに、文学に登場する鉄道を加味したのが、

「小説を、映画を、鉄道が走る」である。

「路傍の石」「放浪記」などが加わる。

よくまあ、こんなにていねいに、調べ上げたと感心するほどだ。



どんどん失われ、廃線になっていく鉄道は、

重要な昭和の記憶遺産になっているのだろう。

本の上で、想像をめぐらしながら、

もうひとつの旅を楽しむことができる。

おすすめである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
                   人気blogランキングへ


by kitanojomonjin | 2018-11-12 09:09 | 旅の街角から | Comments(0)