まいどさんが待っている 2017年8月25日

c0069380_11302845.jpg
c0069380_11313193.jpg
c0069380_11321987.jpg
c0069380_11293704.jpg
先日、テレビで、「まいどさんが待っている」という番組を見た。

冬の津軽を取材したもののアンコール放送だった。

雪に閉じ込められた集落に、惣菜をはじめ日用品を積みこんだクルマが

巡回してくる。

都はるみの歌謡曲をスピーカーで流しながら。

雪に閉じ込められた集落のお年寄りにとって、

貴重な存在である。

まいどさんのクルマをたんたんとたどりながら、

山里のひとびとの暮らしが見えてくる。


ある日、常連客のおばあちゃんが、まいどさんのクルマの運転手さんに

電話で、チョコレートを注文した。

「バレンタインが来るでしょ?」

バレンタインの日に、施設にはいっているご主人に

チョコレートをプレゼントしたいという。

ただ、「一口ではいる小粒のチョコレートを」という

注文だった。

後日、おばあちゃんが、チョコレートを持って、

施設をおとずれる。

ご主人は、うれしそうに、一口大のチョコレートを味わう。

一口大は、寝たきりのご主人を気遣ってのことだった。

ここで、おばあちゃんが、いう。

『「うまい」なら「うまい」、「おいしくない」なら、「おいしくない」って言って』

気丈なおばあちゃんと、その愛情を受け止めるご主人。

このご夫婦の関係がよくわかるひとコマである。

さりげないが、こころに残るシーンである。


ああ、あと3~4ヵ月もすれば、

津軽に、雪の季節が訪れるのだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-25 11:51 | 津軽 | Comments(0)