雪の降るまちを 2016年2月26日

c0069380_19531886.jpg


「雪の降るまちを

雪の降るまちを

思い出だけが通り過ぎてゆく・・・・」

数ある雪に関する歌の中で

「雪の降るまちを」は、別格である。

胸が、きゅんと締め付けられるようになる。

なぜだろう。

その答えらしきものが、

先日の日曜版に載っていた。

(読売新聞・2016年2月21日付)

実は、この歌は、昭和24年10月から始まった

ラジオのホームドラマ「えり子とともに」のなかで

放送された。

作詞の内村直也の証言によると、

「降りしきる雪に、戦争中のいやな思い出が

かき消され、やがて晴れ間がのぞく―

そんな願いがこめられているという。

特に、3番には、思い入れが強かったという。

「このむなしさを

このむなしさを

いつの日か祈らん

新しき光降る鐘の音」

長い間、不思議に思っていたこの歌の

なぞが、少し解けたような気がした。


ちなみに、毎年2月ころ、

作曲した中田喜直のふるさと山形県鶴岡市では、

この歌にちなんだ音楽祭が開かれているという。

br>
お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




by kitanojomonjin | 2016-02-26 20:03 | 季節の風 | Comments(0)