人気ブログランキング |

窓から逃げた100歳老人 2015年2月16日

c0069380_1621723.jpg


「窓から逃げた100歳老人」という

本を読んだ。

究極のブラックユーモア小説である。

本の腰巻には、こうある。

「100歳の誕生日に老人ホームから

逃げ出したアランの珍道中と

20世紀の世界史が交差するアドベンチャーコメディ」

1905年生まれの主人公アランは、

その100歳の生涯の間に、

フランコ

トルーマン

毛沢東

チャーチル

スターリン

金日成

ドゴール

など、超著名人に

出会う。

いずれも、その時代状況は、間違っていない。

(話が、荒唐無稽であることをのぞけば。)

しまいには、よくまあこんなストーリーを

組み立てるものだと、

ほとほと感心してしまう。

世界史についてのウンチクはすごい。


著者は、スウェーデン人のヨナス・ヨナソン。

本の巻末に、インタビューこたえた著者の発言が

載っている。

質問)スウェーデン中を逃げまわる100歳の老人という

アイデアはどこから?

答え)現代のスウェーデン国内を逃げ回る物語と

20世紀をまるごと描くストーリーを平行して進めるには、

100歳の人間が必要だったんです。


本の腰巻の読者の感想として、

「史上最高齢脱力系ヒーロー」というのがあったが、

「史上最強脱力系小説」であることは間違いない。

だまされたと思って、

読んでみたら?

とても、おおらかで楽しい気持ちになれること

請け合いである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
by kitanojomonjin | 2015-02-16 16:39 | カルチャー通信 | Comments(0)