ねぶた名人・千葉作龍さん 2014年7月25日 

c0069380_12231298.jpg


青森のねぶた名人・千葉作龍さんが、

本を出した。

題して、「名人が語る ねぶたに賭けた半世紀」。

この50年近くのねぶた作りの苦労を語っている。


このタイミングで、

先日、ラジオでも、お話になっていた。

それが、とても、率直で面白かった。

30代なかば、7年ほどスランプが続いたという。

自律神経失調症だった。

知らなかった。


毎年毎年、創作意欲を掻き立て、

新しいねぶたに挑戦するのは、

大変な苦労なことがよく分かる。


アイデアを生むきっかけは、音楽と映画だというのが

興味深かった。

音楽は、姫神や喜多郎の曲。

特に、喜多郎の音楽の

独特の精神世界にはビリビリくるという。

また、映画は、意外に、B級作品のほうがヒントを

つかめるという。

映画に出演してロック演奏をしていた泉谷しげるの顔が、

ある年のねぶたのモチーフになったこともあるとか。

面白いものだ。


あと1週間で、いよいよ青森のねぶた祭りが始まる。

今年は、どんなねぶたを見せてくれるのだろう。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
Commented by 履歴書の添え状 at 2014-08-09 08:58 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by kitanojomonjin | 2014-07-25 12:33 | 津軽 | Comments(1)