<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0069380_08455948.jpg
c0069380_08452953.jpg
先日、鯵ヶ沢に行って、「備前屋長兵衛月永家跡地」の碑を

見てきた。

ニュースで、この碑の裏面に新しく、由緒書きを付け加えたということを

知ったためである。

その由緒書きは、実に興味深い。

こんなぐあいである。


「初代月永長兵衛は、讃岐国(香川県)高松に生まれ、

備前国(岡山県)を経て、承応年間(1652~1655)頃に

鯵ヶ沢に移り住んだ。

一族は代々備前屋長兵衛(略して備長)を名乗り、

北陸地方の北前船との交易や海運業、金融業などを営み、

豪商として繁盛した。西海岸地方で屈指の大地主であった。」

港町鯵ヶ沢が、江戸・北前船の時代にいかに繁栄したかが

わかる。

まさに、鯵ヶ沢の底ぢからを示す証拠である。

白八幡宮大祭が、300年以上の長きにわたって続いているのも、うなずける。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ



[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-16 09:01 | 津軽 | Comments(0)


青森県の日本海側に面する港町・鯵ヶ沢で、きょうから3日間

白八幡宮大祭という祭りが行なわれる。

「北前船が運んだ京祭り」とも言われ、4年に1度しか行なわれない。

各町内の山車や神社のお神楽が町を練り歩く。

圧巻は、お神楽の海上運行だという。

江戸時代から、津軽藩の有数の港として栄えた

鯵ヶ沢の歴史の厚みを感じさせられる。

いつか機会があったら、ぜひ見てみたいものである

次回は、東京オリンピックの翌年までまたねばならない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ



[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-14 12:02 | Comments(0)

c0069380_08083915.jpg
縄文人の遊びごころの圧巻は、このさまざまな土偶だろう。

いずれも、三内丸山遺跡から出土したもの。

その数2000以上。

ひとつの遺跡から出土した数としては、最高である。

そしてその土偶のかたちも、きわめて特徴的である。

ほとんどが、十字型をしているのである。

三内丸山遺跡特有のファッションだった?

それにしてもなぜ十字型なのか?

いろんな想像を掻き立てられる。

いまのところ、気に入っているのは、

空を飛翔する姿ではないかというもの。

見れば見るほどそんな気がする。


この映像は、北海道・北東北の縄文遺跡群~青森県の遺跡~で、

ご覧になれる。

ユーチューブでも見れるよ!

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-11 08:20 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_11425896.jpg
この釣り針は、いつみてもほれぼれする。

縄文人は、獲物の魚にあわせて、いろんなタイプの釣り針を作っている。

これぞ縄文人の職人技の腕の見せどころだろう。

各地の縄文遺跡や貝塚から出土しているが、

この北海道の貝塚のものが、とりわけ美しい。


北海道・北東北の縄文遺跡群~北海道の遺跡~で、

ご覧になれる。

ユーチューブでも見れるよ!

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-05 11:48 | 縄文 | Comments(0)

釧路の霧笛 2017年8月3日

c0069380_11145969.jpg
釧路の霧笛が、まだ聞けるという話をラジオで聴いた。

制度上、7年位前に、霧笛は廃止された。

電子機器が充実し、実用としては、お役ごめんになったのだという。

ところが、あのものがなしい霧笛は、忘れられない。

春から夏にかけて、釧路は本格的な霧のシーズンを迎える。

釧路には、市民からなる霧笛保存会というのがあって、

おりおりに、霧笛を鳴らしているという。


霧の街・釧路には、霧笛がにあう。

いつか釧路の街に行って、霧笛を聞いてみたいものだ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2017-08-03 11:20 | 旅の街角から | Comments(0)