<   2015年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

c0069380_14211565.jpg
c0069380_14213996.jpg
c0069380_14220236.jpg
渋谷の東急プラザが、3月22日、閉館した。

昭和40年以来だから、49年の歴史があるという。

東急プラザといえば、9階のロシヤ料理「ロゴスキー」が

忘れられない。

そもそもは、昭和26年、渋谷マーケットのごみごみした一角の

間口1間半、奥行き1間の小さな店が、スタートだったという。

店の名は、今は亡き初代が、軍人時代よく行った

満州のハルビンのロシヤ料理店「ロゴジンスキー」の名前を縮めて、

「ロゴスキー」とつけたのだとか。

なんと、戦後の渋谷駅前マーケット以来の歴史があるとは、知らなかった。

(この顛末は、ロゴスキーのホームページ「渋谷ロゴスキー物語」に詳しい。)



かくして、ロゴスキーは、

昭和40年、東急プラザが、オープンして以来、

9階に店を構え、人びとに、愛されてきた。


次に、どこに店を開くかは、

まだ決まっていないという。

ひとつの渋谷の思い出の歴史に、

ピリオドが打たれたことは、間違いない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-31 14:41 | 人生 | Comments(0)

c0069380_848682.jpg
c0069380_8474324.jpg


ソメイヨシノにばかり気を取られていると

忘れがちだが、

実に、いろんな花が、咲き誇っている。

しだれ桜の淡いピンク。

白もくれんのまぶしいほどの白。

まさに、いま、東京は、

百花りようらんの季節を迎えている。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-30 08:52 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_14563153.jpg
c0069380_14561399.jpg


いま、東京は、さくらの真盛りである。

でも、花の命は短くて、

あと1週間もすれば、

お終いになってしまうだろう。

東京のさくらは、いつも

あわただしい。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-29 15:00 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_12002646.jpg
弘前の郊外で、

マンサクの黄色い花をみつけた。

毎年、マンサクは雪の中で黄色い花をつける。

その生命力の強さに、驚かされる。

マンサクの花を目にすると、

雪国に確実に、春が近づいていることを

感じさせられる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-28 12:04 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_9274614.jpg
c0069380_9272096.jpg


津軽の野や家の周りには、

雪が解けて、フキノトウが

顔を出しはじめた。

地元では、バッケという。

フキノトウをきざんで、

味噌であえるバッケ味噌は、

そのほろ苦い味とともに、

春を感じさせてくれる。

もう少しで、津軽にも、

本格的な春がやってくる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-27 09:31 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_2062991.jpg


待ちに待った弘前公園の桜の

開花予想が、発表された。

開花は、来月の21日。

満開は、26日。

平年より2日早い。

ゴールデンウィーク前半には、

見ごろを迎えるという。

お濠の桜のつぼみも、だいぶ膨らんできた。

弘前市民は、首を長くして

開花を待っている。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-26 20:12 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_11144449.jpg
c0069380_11150999.jpg
きょうの毎日新聞に、元世界銀行総裁の西水恵美子さんの

「目に見えない貧困」というコラムが載っていた。

まず、ブータンの若い国王の「貧困は見えにくい」

ということばが、紹介されていた。

遠いブータンの話しかと思うと、ひるがえって、日本の話しになる。

山道を2時間もかけて、飲み水を汲みに行くとか、

あす食べるものがないというのは、比較的、目に見える貧困である。

絶対的貧困といわれる。

これに対し、相対的貧困は、輪をかけて「目に見えにくい」。

にわかには、信じがたいが、日本では、この四半世紀、

相対的貧困層が、増加しているのだとか。

具体的にいうと、年間所得122万円以下(月収10万前後)で暮らす世帯が、

人口の16パーセントをしめている。

これは、先進国の中で、最悪の数字だという。


どう受け止めればいいのか?

社会のセーフティネットが崩壊しているのか?

見えにくい貧困を見極めること、

それが、この国の将来を考えるうえで、

もっとも、大事なことのようだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-22 11:28 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_12560594.jpg
先日、関西で活躍する詩人の上田假奈代さんに、20数年ぶりに会った。

彼女は、実に、ユニークな活動をしている。

釜ケ崎芸術大学というのを立ち上げて

日雇い労働や路上生活をしてきた「おっちゃんたち」と、

詩をはじめ習字や絵など「表現」を通して学び合う。


去年、横浜での現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ」にも

参加した。(写真は、その時の様子・朝日新聞2014年10月25日付)

今回は、文化庁の芸術選奨・新人賞を受賞することになり、

上京したという。

4歳の娘をおばあちゃんに預けて、日帰りということで、

短時間の再会だった。


釜ケ崎を拠点にして、10年余り。

「一度、釜ケ崎に遊びに来てください」という

別れ際の笑顔が、25年前と、ちっとも変わっていなかった。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-20 13:14 | 人生 | Comments(0)

梅らんまん 3月18日

c0069380_11583580.jpg
きょうの東京は、実に、暖かい。

梅が、らんまんに咲いていた。

この陽気は、長続きしないようだが、

少しづつ、寒暖が繰り返され、

あと10日もすれば、いっせいに

桜の季節に、突入する。

きぜわしい桜の季節より、今頃が

かえって、来るべき春をしみじみと

味わえるような気がする。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-18 12:03 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_9475045.jpg


弘前の川越のこがね焼が、

3月から、10円値上がりして、60円になった。

これは、弘前の市民にとって、事件である。

地元紙にも、大きく取り上げられている。

(陸奥新報2015年3月8日付)


弘前の土手町の坂の途中にある小さな店・川越のこがね焼屋。

白あんだけの単品で、頑張り続けている。

創業は、明治18年(1885年)にさかのぼるという。

なんと創業130年の老舗なのだ。

この こがね焼の値段、「郵便はがきの値段と同じ」という

ジンクスがあった。

1970年ころ、当時の郵便はがきの値段7円と同じだった。

その後も、不思議に、

郵便はがきの値段と足並みをそろえてきた。

この20年余り50円で頑張ってきたが、

諸物価高騰のおり、52円のはがきを超えて、

とうとう60円になったという。

この20年、よく50円で、がんばってきたものだ。


いまも、真冬の寒いとき、小さな店に、

次々に市民が買いにやってくる。

ふはふはいいながら、焼きたてのこがね焼を

ほおばるのは、庶民のしあわせそのものである。

川越のこがね焼は、弘前市民に、愛され続けているのだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2015-03-16 09:57 | 津軽 | Comments(0)