<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0069380_1212612.jpg


また、今年も

三内丸山遺跡での

縄文のお月見が、開かれる。

9月6日土曜日。

恒例のお月見コンサートは、

午後6時30分ころから、復元大型住居前の

「まつりの丘」で。

今年は、常連の津軽三味線の山上進さんのほか、

新たに、ねぶた師の千葉作龍さんの率いる

作龍バンドも参加する。

どんな演奏になるか、楽しみである。

それに先立って、

午後5時30分ころから、

「月待ち・縄文朗読会」が、

開かれる。

「縄文に恋した詩人・宗左近へのオマージュ」だという。

これもなかなか楽しみである。

いずれも、入場無料。

関心のあるかたは、どしどし参加してください。


詳しい情報は、
   HP「みんなの縄文」をご覧ください。     
       http://www.jomonjin.net


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-29 12:23 | 縄文 | Comments(0)

c0069380_134276.jpg


天気予報では、ぐずついた天気のはずなのに、

津軽は、良い天気が続いている。

リンゴも、次第に赤みを増している。

台風崩れの低気圧や強風をまぬがれ、

なんとか収穫期を迎えられそうである。

無事に収穫にこぎつけることを

ひたすら祈る。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-28 13:07 | 津軽 | Comments(0)

暴露 2014年8月24日

c0069380_1630138.jpg


「暴露」という本を読んでいる。

アメリカのNSA(国家安全保障局)が

国内のほとんどのインターネット情報を

傍受していたという内部告発の記録である。


2013年6月3日、香港のホテル。

ここで、ジャーナリストであるこの本の著者は、

内部告発者スノーデンと

はじめて会った。


その時の様子が、迫真に迫っている。

「スノーデンは、まずセキュリティの問題を

話題にして、

携帯電話のバッテリーを抜くように言われた―

それができないようなら、

この部屋のミニバーの冷蔵庫に入れるように。」


スノーデンが、怖れていたのはなにか?


「合衆国政府は遠隔地から携帯電話を起動させ、

盗聴器として使うことまでやってのけるのだ。」という。


現在、アメリカでは、NSAによって、

インターネットの個人情報は、

ほとんど国家によって監視されているという。


この本を読みつつ、最大の疑問に思うのは、

スノーデンが、自分の人生をかけて放った一石が、

その後、アメリカ社会の中で、

どのように検証されているのだろうかという点である。


いまだ現状は、ほとんど変わっていないのではないか?

おそろしい話である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-24 16:49 | ドキュメンタリー | Comments(0)

c0069380_16521685.jpg


上野公園の東京国立博物館に行く途中、

噴水の東側の林の中に、

野口英世の銅像が、建っていた。

昭和26年に建立されたものだという。

黄熱病の研究で、自ら病に倒れ、

アフリカのガーナで、亡くなった。

その生き方が、ふと今の時代との近さを感じる。

その人生の評価は、毀誉褒貶あるが、

あらためて光があてられてもいい

人物ではないか。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-22 16:56 | 人生 | Comments(0)

c0069380_12342259.jpg

c0069380_12343271.jpg

c0069380_12355673.jpg


先日、上野の国立博物館に行ってきた。

さまざまな特別展や常設展の中で、

本館二階の一室に、ひっそりと

高円宮コレクションの根付の展示があった。

亡き高円宮が、妃殿下といっしょに集めていたという

コレクションの数々である。

どちらかというと、現代根付といわれる

ジャンルに入るらしい。


最初は、「蛸(宮澤宝泉作)」

 たこが、手酌で酒を飲んでいる。

 酒の肴は、自分の足をかじるのだろうか?

次は、「一人旅(高木喜峰作)」

 ペンギンが、寝袋をしょい、磁石をじっと見ている。

 ずいぶん、慎重なペンギンだ。

 一人旅のこころぼそさがにじみ出ている。


いずれも、ユーモラスで、見れば見るほど楽しい。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




 
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-21 12:48 | カルチャー通信 | Comments(0)

c0069380_12413819.jpg


最近「砂の器」を読んだのが、きっかけで、

松本清張のほかの作品を読み始めている。


双葉文庫から、「松本清張 初文庫化作品集」と

いうのが出ている。

これまで、ほとんど、紹介されていない

短編で、なかなか味のある作品が収められていた。


たとえば、「二冊の同じ本」。

主人公は、古本屋で、書き込みのある本を

手に入れる。

たまたま、もう一冊の本を、書き込みした本人から、

直接プレゼントされていた。

同じ人物が、二冊の本を購入し、

交互に書き込みをしていたのである。

一冊は、自宅で。

もう一冊は別の場所で。

そこから、事件の匂いが、立ち上ってくる。

ふつうは、自宅の方が、落ち着いて

書きこみの分量も多いはずなのに、

逆転していた。

別の場所の書き込みの方が多い。

その別の場所を探っていくと、

書き込みをした人物の愛人の存在が浮かび上がる。

さらに、ある殺人事件がからんでくる。

このへんのなんでもない話しから、

どんどんミステリーが深まっていく感じは、

さすが清張である。


埋もれていた短編から、

キラリとした初期短編を発見するのも

なかなか楽しい。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-18 12:59 | ミステリーの楽しみ | Comments(0)

c0069380_1514794.jpg


先日、大阪に行ったとき

淀屋橋で、川にせり出している

魚料理屋「かき広」の店を見かけた。

まだ、営業しているんだ!

およそ30年ぶりである。

とても、懐かしかった。

創業は、大正8年にさかのぼるという。

広島出身の小西屋五郎八が創業者で、

広島のかきの土手鍋がメイン・メニューだという。

川の都・大阪の象徴的存在である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-16 15:20 | 旅の街角から | Comments(0)

c0069380_11321744.jpg


遮光器土偶のねぶたが、

8月16日夜、登場する。

つがる市で開かれるJOMON亀ヶ岡遺跡まつりで

のこと。

これを紹介した毎日新聞の記事は、

次のようなヒネリのきいたコメントで

締めくくっている。

「遮光器はイヌイットが雪中の光よけに

つけていた眼鏡のような道具。

(縄文遺跡の)世界遺産登録は(中略)

現在難航中だが、

祭りが盛り上がり人気が出れば

国は目をつぶっていられない?」

(2014年8月14日付・毎日新聞)

たしかに。

盛り上がってほしいものだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-15 11:40 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_15533496.jpg


日航機事故で、坂本九が亡くなって、29年たつ。

運命の1985年8月12日、

彼が、NHK-FMで最後に歌ったのが、

「懐かしきラブソング」だった。

NHK505スタジオで収録後、

18:00羽田発伊丹行きJAL123便に乗り、

悲劇に遭遇したという。


先日、ラジオで、その歌を聴いた。


「時の流れは人の心も

 街の様子も変えたけど

 懐かしきlove song 君を思い出す

 懐かしきlove song いまも忘れない」


なにか宿命のようなものを感じさせる歌詞だ。

歌声も、不思議なほど、色あせていない。

29年もたつのに。

まさに、歌は、生きていた。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-13 16:01 | 人生 | Comments(0)

c0069380_12474796.jpg


先日の新聞に、

浅草の花やしきのジェットコースターが

紹介されていた。

(東京新聞・2014年8月2日付)

このジェットコースターは実に、こわい。

民家の洗濯物が下がる軒先すれすれに

走る。

故障しているのか、正常なのか

分からない。

それが、こわさを増す。

今はなくなった二子玉川園のジェットコースターと

双璧だった。

ところで、この花やしき。

コースターは出来て60年、日本で最古をほこるが、

それどころではない。

花やしき自体が、嘉永6(1853)年に開園して160年あまり、

日本最古の遊園地だという。

江戸末期、牡丹に菊細工をおもに楽しむ

植物園だったのが、はじまりとか。

知らなかった。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2014-08-11 12:56 | 旅の街角から | Comments(0)