<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0069380_15421477.jpg


「平成の伊能忠敬」という万歩計を

初めて、200日あまり。

東京を出発して、ひたすら海岸線を

歩いている。

千葉県から、宮城県。

ひたすら岩手県を目指している。

日本列島の海岸線を一周する

全行程の10パーセントをこえたところ。

この調子で行くと、

全行程走破は、何年先のことやら。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-27 15:46 | 旅の街角から | Comments(0)

c0069380_18473173.jpg


先日、津軽に帰っていた。

たわわに実ったりんご。

アルミの反射シートに映えるりんご。

これから、赤い色をつける

大事な時期。

そして、ちょうど、岩木山も

初冠雪を迎えた。

例年より、21日遅いという。

りんごの赤と山の白を除けば、

北国はグレー一色になり、

やがて、みぞれの降るいやな季節を

迎える。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-25 18:53 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_142417.jpg


いま、キンモクセイの花が

いっせいに咲いている。

その濃厚な香り。

以前、南仏の香水工場を

見学したときのことを思い出した。

いろんな香水の香りのもとを

世界中から輸入していた。

日本からは、唯一、キンモクセイが

輸入されているのだという。

ひっそりと、咲いている花だが、

実は、キンモクセイは、世界的に有名なのだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-19 14:29 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_12275938.jpg


きのう、上野公園に行った。

東京国立博物館で開催されている

「中国 王朝の至宝」展を見に。

その上野公園で、ビックリした光景。

東博の前の噴水のスペースが小さくなって、

かわりに、田んぼが出現していたこと。

ちょうど、刈り入れ間近かで、

稲穂がたわわに実っていた。

よく見ると、3.11の東北応援企画だという。

第二次世界大戦中、一時畑になったという

話を聞いたことがあるが、

それ以来の珍風景だろう。

なんともはや、不思議な光景だ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


c0069380_12344037.jpg

[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-14 12:35 | 旅の街角から | Comments(0)

c0069380_12245992.jpg


図書館というと、

アメリカの放浪の哲学者といわれる

エリック・ホッファーを思い出す。

実に、数奇な運命の人物である。

7歳で、母を失い、原因不明の失明。

10歳で突然、視力を回復。

28歳で、自殺未遂。

それから、10年ほど、季節労働を

しながら、放浪の旅。

そのとき、地元の図書館で、万巻の書を読み、

思索にふける。

物理学・数学は、独学で、大学レベルだったという。

あらかた図書館の本を読み終わったら、

鉄道の貨車にもぐりこんで、

ふらりと、次の町へ。

またまた図書館の本をあらかた読み終わると

つぎの町へ。

晩年は、サンフランシスコの沖仲仕の仕事をしていた。

そのため、沖仲仕の哲学者とも言われている。

なんとなく、あこがれる生き方である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-12 12:32 | 人生 | Comments(0)

c0069380_174833100.jpg


「まちとしょテラソ」ってなんだかわかります?

長野県小布施町立図書館の愛称である。

この館長の花井裕一郎さんの話を

けさのラジオで聞いた。

花井さんは、公募された図書館長である。

もともとテレビの仕事で、この町にやってきて

すっかり気に入ったという。

「まちとしょ」は、町の図書館。

「テラソ」は、あんどんのイメージで

足元を照らそうという意味であるという。

なかなかいい感じの図書館である。

しかも、ここの図書館のコンセプトが

おしゃべりOKだというのだから、面白い。


いつか日本中のユニーク図書館をたずねる

旅に出るのも楽しいだろう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-11 17:57 | 人生 | Comments(0)

c0069380_11475531.jpg


遅まきながら、彼岸花がまっさかり。


ところで、

たましいの重さは、3グラムという話を

聞いたことがある。

人間が、亡くなったあと、

ちょうど3グラム、体重が軽くなるという。

ある種の都市伝説だろう。


3グラム、1円玉3個の重さ。

ふつう、たましいに重さがないと

思っているから、

意表を突かれる。

アインシュタインの相対性理論みたい。

たましいは、物質なのか?

もっと、根源的に、人間が人間たるゆえんとは

何か?

わけがわからなくなってくる。


きょう、名物ディレクターの急逝の知らせを聞いた。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-10 12:00 | 人生 | Comments(0)

c0069380_11261147.jpg


「帝都の事件を歩く」という本を読んでいる。

これがすこぶるつきに面白い。

森まゆみと中島岳志の路上対談という

体裁である。

江戸東京をぶらぶら歩く本は、

あまたあるが、

この本は、近現代史に絞っている。

副題も、「藤村操から2.26まで」。


本の腰巻には、

「本郷で生まれた煩悶青年たちは、

第一次世界大戦後の好景気と不況、

格差の拡大、関東大震災を経て、

やがて政治とテロに目覚めていく。」

芥川龍之介から、大杉栄まで実に

多くの人物が顔を覗かせる。


関東大震災以後の東京が、

奇妙に、3.11以降のいまに

重なってくるから不思議だ。

地図を基にした「散歩編」のあと

じっくり腰をすえた「おさらい編」が続く。


司馬さんの「街道をゆく」と「ブラタモリ」を

足して2で割った面白みがある。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-08 11:37 | 旅の街角から | Comments(0)

秋バテ 2012年10月3日

c0069380_18544036.jpg


今年の夏は、例年になく暑かった。

その反動で、涼しくなったら、

体調を壊す人が多いという。

「夏バテ」ならぬ「秋バテ」だとか?

「秋バテ」に、気をつけよう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-03 18:58 | 季節の風 | Comments(0)

c0069380_15214497.jpg


先日、ラジオで、山形の公募された校長先生の

話を聞いた。

山形県朝日町立大谷小学校の長岡昇さん59歳。

もともと、朝日新聞の記者だった長岡さんは、

自分のふるさとの小学校で、

校長先生を募集しているのに応募した

異色校長先生。

社会人として、今の教育現場にたいする

素朴な疑問が2つ。


小学校の教師のパソコンの普及の割合が、

60パーセント前後だという。

これでは、仕事にならない。

一般社会の常識から、かけ離れている。


もうひとつは、給食のこと。

これから、「食育」とか

食事のことがますます大切になるのに、

どんどん外注(アウトソーシング)していくのは、

いかがなものかという。

考えさせられる話だ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-10-02 15:30 | 人生 | Comments(0)