<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

c0069380_120031.jpg


ならポチポチ団の試作品第3弾は、

ポチ箸ぶくろ。

ぼてぼてっとしない箸ぶくろというのも、

意外に難しい。

どうも箸ぶくろは、直線が強調された方が、

スマートらしい。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-28 12:05 | 旅の街角から | Comments(0)

c0069380_10362295.jpg


「奈良時代一周」の表紙でぽち袋をつくる

ならポチポチ団の試作品第2弾。

折りづるを作ってみました。

羽に、ちょうど模様が来るように折るには、

ちょっとした工夫が。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-27 10:41 | 旅の街角から | Comments(1)

c0069380_11553856.jpg


先日、イラストレーターの宿輪貴子さんに

お会いした。

宿輪さんは、「奈良時代一周~まほろばを歩く」(NHK出版)の

表紙のイラストを担当しておられる。

かわいい千代紙風のデザインが、とても評判である。


宿輪さんは、ブログで、この表紙をカラーコピーして、

ぽち袋をつくったら、と提案している。

なかなかおもしろいアイデアである。


さっそく、「奈良時代一周の表紙をコピーして、ぽち袋をつくる会」

略称「ならポチポチ団」が、結成された。


試作品を作ってみる。

意外に難しい。

あんまり整った配置より、

いろいろのイラストが、ごっちゃり入っているほうが、

わくわくして楽しい。

たかがぽち袋。

されどぽち袋である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-26 12:06 | 旅の街角から | Comments(0)

c0069380_11195311.jpg
c0069380_11204844.jpg
c0069380_11211153.jpg


先日、津軽に帰っていた。

最高気温36度。

東京に負けないくらい暑い。

でも、芙容の花が咲き、田園の夏の風情が。

そして、北国の夏には、

あじさいが主役のひとつとして咲き誇る。

みごとなあじさいの花のオンパレードだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-23 11:24 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_12435215.jpg


最近、「パーマ屋ゆんた」という歌を聴いた。

「さー 明日は内地に行くんでしょ

合格祝いもあげんとね」

そんな沖縄民謡風のメロディーではじまる。


島をはなれるひとりの娘の門出を祝いつつ、

これまでの思い出を素朴にうたう

パーマ屋さんの設定である。


「さー 明日は内地に行くんでしょ」

なぜかこころに響くいい歌である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-22 12:51 | 人生 | Comments(0)

c0069380_1781431.jpg


先日、ラジオで、なにわコツコツ団の西澤真樹子さんの

お話を聞いた。

大阪の自然史博物館を拠点に、動物の標本制作チームの

中心になって活躍している。

交通事故で死んだたぬきとか持ち込まれてくる。

せっせと骨の標本を制作している。

50ずつぐらいホネがあつまると、

おなじたぬきでも、大阪のたぬきは、丸顔で

山口のたぬきは、面長とか

現代の野生のたぬき事情が分かってくる。


そんなホネ好きが集まって、なにわコツコツ団というのを

呼びかけたら、小学生から、年配者まで、

多くの団員が集まったという。


もっと興味深いのは、ホネホネ・サミットを呼びかけ

全国から、8300人が集合したという。

なんなのだろう。

ほねの手触りが、魅力なのだろうか?


最近聞いたもっとも興味深く、不可思議なおはなしである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-20 17:19 | 人生 | Comments(0)

c0069380_111333.jpg


先日、谷村新司が、ラジオでこんな話をしていた。

下北沢のボクシングジムに、作家の沢木耕太郎さんと

カシアス内藤の練習をみにいったことが

あったという。
 
そのとき、沢木さんは、こんなことを言った。

「彼には、ひとつ欠点があるんです。」

それは、

「やさしすぎて、とどめをさすことができない。」

沢木耕太郎は、カシアス内藤について、

「一瞬の夏」という作品にまとめた。


それにしても、

「やさしすぎて、とどめをさすことができない」


人生ってそんなものかもしれない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-16 11:19 | 人生 | Comments(0)

c0069380_1224868.jpg


いつ見ても悠然と鎮座しているこの猫。

根津の居酒屋「車屋」の看板猫である。

それにしても、この落ち着きよう。

存在感は、たいしたものだ。

看板猫というよりも、実はこの店のあるじだったり

するのかも知れない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-15 12:06 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1155876.jpg


文庫本の「天皇の世紀5」を読み終わった。

いそがなくっちゃ。

もう7巻が出ている。


ところで、5巻は、寺田屋事件から、

蛤御門の変まで、京都をめぐる

息もつかせない動乱が描かれている。

ちょうど、蛤御門の変で、長州勢が敗退したあと

怪事がおきる。

板輿を持って、宮中の御殿の内庭に人影300人ばかり

忽然と現れて、天皇をどこかへ連れ去ろうとしたという。

一説では、恐怖による幻影ではないかといい、

別の説では、十津川郷士の連中ではないかという。

不思議な話である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-14 12:07 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_10551222.jpg
c0069380_10553549.jpg
c0069380_10555660.jpg


「ゆきのまち通信」の最新号が届いた。

特集は、「ゆきのまちのビール」。

たしかに、雪国には、おいしい地ビールがおおい。

ところで、裏表紙には、「布ぞうり」の写真が。

足にやさしい布ぞうりがちょっとした人気だという。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-09 10:58 | カルチャー通信 | Comments(0)