<   2007年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

c0069380_16572395.jpg

(ブロギニストの散歩道から)

仙川にも渡り鳥のカモの仲間がやってきた。

くちばしの黒いのは、何という名前だろうか。

それはさておき、先日、写真には撮れなかったが、

仙川でカワセミを目撃した。

それも、随分大きな個体である。

以前住んでいた野川では、しっかり確認できた。

毎朝、カワセミを目撃すると一日いいことがあるような

幸せな気分になった。

毎朝の散歩の楽しみが一つ増えた。

ただ、このカワセミぴりぴりしているようで、

ちょっと立ち止まっただけで、警戒して飛んでいく。

次は、いつ会えることか。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-30 16:57 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1312228.jpg


三内丸山遺跡が一躍話題になったのは、

巨大木柱の一部が、そっくり出てきたためである。

Ancient Pillar Soon to Be Displayed

The remains of a wood pillar excavated at

Sannai-Maruyama are now ready for display.

The pillar is believed to date from about 4,500

years ago. The wood has recieved a chemical

preservation treatment, and will be shown at the

Display Center at the site.

保存処理が終わった木柱、展示室に

  三内丸山遺跡対策室が保存処理を行っていた木柱が

このほど終了。近々遺跡展示室で公開される。約4,500

年前の縄文の木柱を間近で見ることができるようになる。

(1999年3月号)

  縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-10 13:12 | 英語で縄文 | Comments(0)

c0069380_1393884.jpg


縄文土器は女性であるという話を聞いて

びっくりしたことがある。

縄文土器については、まだまだ解明されなければ

ならないことがたくさんある。

But What Do They Mean?

  Forty thousand boxes of earthenware pieces

have been carried away from Sannai-Maruyama

for study. Many are highly styled, heavily patterned

and adorned, and it is yet to be determined it

those features signifity anything more.

土器の紋様が伝えるもの

  三内丸山遺跡の土器の量はおびただしく、掘り出されただけでも

約4万箱分という。土器のひとつひとつには、紋様がついているが、

どんな意味を持つのだろうか。(1999年2月号)


縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

 
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-10 13:09 | 英語で縄文 | Comments(0)

c0069380_17495650.jpg


三内丸山が話題になって5年目に入ると、

次々に、復元建造物が建てられていく。

Fifth Winter Since the Decision

It was in 1994 that huge wood pillars were

found at Sannai-Maruyama and the decision was

made to preserve the site. Buildings have been

restored, events have been staged, and new dis-

coveries have come one after another. We can

hardly wait to see what the coming year will bring.

巨大木柱出土、遺跡保存決定から5回目の冬

  三内丸山遺跡では、巨大木柱出土の94年以降も新発見が

続いている。また復元建造物ができ、様々な催しが行われるなど、

遺跡を巡る動きの活発さは変わっていない。(1999年1月号)


縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-09 17:54 | 英語で縄文 | Comments(0)

c0069380_18144821.jpg

c0069380_18153256.jpg

c0069380_18161371.jpg


家の近くの公園に、大きな大きなケヤキの木がある。

20メートル近くもあるだろうか。

そのすっくと立つ姿を毎朝散歩に行っては、

眺めている。

以前、「ぬっとあるもの」という本が出版されたことがあるが、

まさに、「ぬっとあるもの」である。

雨でけぶる日も、晴れた日も、その木は、

ぬっと立っている。

だんだんその木が、他人事ではなくなった。

何か気になる。

情がわいてくる。

不思議な気分である。

木もこれほどの樹齢を重ねると、

ひとつの個性を持っているような気がする。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-09 17:42 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1226298.jpg


珍しいクマの土製品が続けて出土した。

Another Earthen Bear from a Nearby Site

Two earthen bears have now been found at

the Sannai-Maruyama No.6 site- a very rare

development. The second and larger, discovered

recently, is 11cm. from head to tail. learning what

earthen animals symbolized should help us

understand the thinking of the villagers, and tell

us more about the village itself.

三内丸山(6)遺跡から2個目のクマの土製品出土

  (6)遺跡で新たに出土のクマは長さ約11cm。1つの

遺跡から複数出るのは極めて珍しく、遺跡の性格や縄文人と

自然の関係を知るための貴重な資料となりそうだ。(1998年12月号)

縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-07 12:26 | 英語で縄文 | Comments(0)

c0069380_12244755.jpg


三内丸山遺跡のストーンサークルは一貫して

出土し続けている。

Stone Circle Found

The remains of a stone circle have been dis-

covered at Sannai-Maruyama. It is five meters in

diameter and dates from a time when stone cir-

cles were beginning to evolve from small, village

facillities to larger ones for an entire area.

直径5mのストーンサークルが出土

  ストーンサークルは、縄文時代中期から後期にかけて

大型化し、集落から地域の施設へと変化した。その過程を

知る資料となる遺構が三内丸山から見つかった。(1998年11月号)


縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-07 12:24 | 英語で縄文 | Comments(0)

c0069380_12232059.jpg


三内丸山遺跡から出土する土偶の数は日本列島一である。

Eaethen Dolls of Sannai-Maruyama

About 13,00 earthen dolls have been found at

Sannai-Maruyama, plus several stone ons. ALL

are flat, and most depicting women. Sizes, sur-

face patterns and expressions are quite varied.

三内丸山から出土した土偶

  三内丸山からは約13,00点の土偶が見つかっている。

数は少ないが石や岩を材料にしたものもある。板状であり、

女性像が多く、大きさや模様、表情は様々だ。(1998年10月号)


縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-07 12:23 | 英語で縄文 | Comments(0)

c0069380_18909.jpg

c0069380_1893121.jpg

c0069380_18101167.jpg


先週、津軽に帰った。

大雪が降った。

今シーズン早くも、雪かきをした。

雪が積もった後、散り遅れた紅葉があわただしく落ちた。

それはまるで、白いキャンパスに描かれた文様のようだった。

こうして、北国は、雪の季節を迎える。

雪の降る地に生まれたことは、宿命である。

それを一つの覚悟とすること。

それも悪くはないのではないか。

そのことを強く感じた。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-07 12:21 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_12191842.jpg


三内丸山の大型復元住居では、いろいろな

家族向けのイベントが行われてきた。

Sharing the Jomon Experience

Visitors and local people got a taste of Jomon

life, in an event marking the declaration by

Aomori Pref. that it would henceforth emphasize

culture and sightseeing in its promotional effots.

Storytellers wore Jomon clothing made by residents

of Kuguno-cho, Gifu Pref.

縄文の交流、三内丸山遺跡大型住居で

  青森県文化観光立県宣言の一環で不思議探検隊が開催。

東京など県内外の親子が参加し縄文体験や昔話を楽しみ、

縄文衣装は岐阜県久々野町が提供してくれた。(1998年9月号)


縄文ファイルは、1部300円
お問い合わせは、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-11-07 12:19 | 英語で縄文 | Comments(0)