<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

c0069380_1318167.jpg

(ブロギニストの散歩道から)

世の中には、まだまだ面白い話があるものだ。

五反田古書展で別れた「古書の森」さんが、

そのあと神田に回ったところ、世紀の珍本といってもいい

大変な本をゲットしたという。

明治42年ごろの発禁本である。

それが、違う本の表紙でカモフラージュされていたという。

具体的な書名は、追って「古書の森」さんが、

そのブログ(「古書の森日記」)で、あきらかにされることだろう。

誰でも知っている有名な思想家である。

発禁本のため、国会図書館にもない。

わずか数百冊しか発行されていないだろうという。

「古書の森」さんは、古本の神様のお導きと感動し、

当分、古書店めぐりは、やめられないという。

その運命的な出会いに立ち会ってみたかった。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-24 13:28 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1955586.jpg

c0069380_19562924.jpg


「古書の森」さんに案内されて、五反田古書展に

行ったお話の続き。

次に買ったのが、「勘九郎ひとりがたり」。

比較的新しい本だが、300円は安い。

テレビで、義経千本桜のあるシーンで、

勘九郎の悪役振りをみて、この役者は

ただものではないと思って、関心があったため。

次は、古い本で、「樹下美人」。

遠くシルクロードを通って樹下美人の系譜が

どのように伝わったかを辿ったもの。

これが、200円なり。

以上、4冊

   ジャン・ジュネ全集第一巻 300円

   達人たちの大英博物館 200円

   勘九郎ひとりがたり 300円

   樹下美人 200円

あわせて、1000円は、お安い買い物である。

この五反田古書展の本のメニューは

小生と相性がよさそうである。

やみつきに、なりそうである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-23 20:08 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1442658.jpg


「古書の森」さんの案内で、五反田古書展を

訪ねた続き。

ジャン・ジュネ全集第一巻を300円で購入した後、

目に付いたのが、「達人たちの大英博物館」。

キャプションにいわく。

   大骨董屋から世界の知の殿堂へと発展した

   ザ・ミュージアム。

   マルクス、熊楠、パニッツィ、

   そして文豪、名探偵、探検家などなど。

面白そう。

お代は、200円。

これで合計500円なり。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-22 14:49 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_2034325.jpg

c0069380_203577.jpg


「古書の森」さんの案内で、五反田の古書展に

はじめて行ってきた。

月に一回開かれるらしい。

前々から「古書の森」さんに誘われていたのが

やっと実現した。

店頭の安い本が面白い。

眺めていたら、知らないおじさんに話しかけられた。

「久しぶりに来たけど、相変わらず賑わっているね。」

そのおじさんが、勧めてくれた一冊。

ジャン・ジュネ全集第一巻。

箱入りで、この値段は安いよといわれて、

衝動買いしてしまった。

連休は、この本と取り組んでみようか。

まず300円なり。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-20 20:37 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_11254395.jpg

c0069380_11263911.jpg

c0069380_11272680.jpg

(ブロギニストの散歩道から)

きょう、東京は久しぶりに薄日がさした。

桜が終わり、山吹の黄色に目を奪われていたら、

気付かないうちに、白と緑が鮮やかである。


東北では、大型連休の時期に桜の開花が

重なるかどうかやきもきしているという。

去年は、ぴったりかさなって、行楽の人出は、記録的な

ものになった。

今年は、どうなることやら。

この時期、なぜか東北の桜が気になる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-17 11:27 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1112192.jpg

c0069380_1115329.jpg

c0069380_112188.jpg


「お母さん帰ってきて」というテレビのドキュメンタリーを

見た。

中国の出稼ぎ村の子どもたちの話である。

中国の出稼ぎは半端でない。

両親が都会に働きにいったまま、2年も3年も

戻ってこない。

残された子どもたちは、学校付属の寮で暮らしている。

小学生たちがのきなみ寮に入っている。

日本の出稼ぎなら、盆か正月には帰ってこれるのに、

広大な中国では、帰る旅費もままならず、

極端な例では、2年も3年も両親の顔を見ずに過ごす。

幼い子どもの中には、親に捨てられたと思い、

久しぶりに会った母親にも打ち解けられず、

かたくなな態度をとり続ける子もいる。

そんなこどもたちの春節(中国の旧正月)までを

子どもたちの目からたんたんとドキュメントしている。

どうしてお母さんは、出稼ぎに行ってしまうのだろう。

どうして、お母さんといっしょに暮らせないのだろう。

素朴なつぶやきが、じわじわと響いてくる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-17 11:18 | 人生 | Comments(0)

c0069380_1128736.jpg

c0069380_11285371.jpg


仙川に引っ越してきて6ヶ月がたった。

田園の香りを残す前の野川とはだいぶ様変わりして、

おおぐくりな空間に戸惑ったが、仔細に見ると

こまやかな表情もあることに気がついた。

仙川の川のなかに、島のようなスペースがあって、

黄色い菜の花や名前の分からない紫の花が

咲きそろっている。

これは、計画的に植えたものか自然に種が飛んで

広がったのか分からないが、和ませる空間である。

都市計画的なおおぐりの空間配置のなかに

ゲリラ的にたくましい生命が息づいている。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-14 11:28 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_1126364.jpg

(閉店した喫茶店)
c0069380_11263015.jpg

(かつてのマ・メゾン)

渋谷ブロギニスト通りの一角、ブックファーストの

一階。

以前ここに、マ・メゾンという喫茶店があった。

それが閉店して久しい。

ショウウィンドウにアルカイックな人形が

飾ってあったのが印象的だった。

ちょっとした都会の中のオアシスだった。

気がつくとどんどん都会の風景が変わっていく。


駆け出しの時代、北海道に5年いた。

そのとき、出張した街々で目に付いたのは、

閉ざされたばかりの映画館だった。

まだポスターが、貼り残されていたりして

痛々しさが増した。

映画産業が、大きな曲がり角に差し掛かったときだった。

あの時、ちゃんと映像に撮っておけば、

あれはあれで、1970年代の一つの

時代の記憶になったことだろう。

今という時代は、それ以上に、変化が

激しいような気がする。

忽然とある日、神隠しのように風景が失われていく。

それは、記憶の欠落でもある。

意識して、映像にとどめなければ。

現代人は、近過去の記憶喪失症になっているという

フランスの映像関係者の話を思い出す。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-14 11:26 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_18505292.jpg

c0069380_18511973.jpg

(神田の閉店した喫茶店・ブロギニストの散歩道から)

先日会った放送作家の話。

「恋の成立する条件は、

一に、待ちぼうけ

二に、すれ違い

三に、鉢合わせ

ところが、ケータイの時代になって、

これがすべて、様変わりして、恋は成立しにくくなった」という。

なるほど。

そういうものか。


当世の恋については分からないが、

古本街での本探しについては、実感できる。

アマゾンのインターネットで、簡単に本を発注できる時代。

ひたすら偶然の出会いを求めて、

古本屋街をうろつくのは、

無駄なことになってしまったのだろうか。

きっと今では、意外な本との出会いがあると期待して

ひたすら古本屋街をほっつき歩くのは、

最高の贅沢に属するのかもしれない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-13 19:04 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)

c0069380_19232040.jpg

c0069380_19234463.jpg

c0069380_1924890.jpg

(ブロギニストの散歩道から)

桜に気をとられているうちに、

いつしかすっかり春めいて、

黄色の世界が広がっていた。

たんぽぽは、そうでもないが、

やまぶきのこんなに見事な群生を見たことがない。

祖師谷公園の南斜面一杯に花が広がっている。

いろいろな春の花が、これから駆け足でやってくるのだろう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-11 19:24 | ブロギニストの散歩道 | Comments(0)