カテゴリ:この国のかたち( 87 )

c0069380_1451247.jpg


熊本地震のあと、地元のラジオ局が、

被災地の小学校の校歌を

順番にかけていったという。

避難所にいた人たちは、涙ぐんで

母校の校歌を聞いた。



2011年の東日本大震災のときにも、こんな話があった。

釜石市立釜石小学校の体育館に

避難した人たちは、

体育館に張り出されている校歌の

歌詞に元気づけられたという。

こんな歌詞だった。


「いきいき生きる いきいき生きる

ひとりで立って まっすぐ生きる

困ったときは 目をあげて

星を目あてに まっすぐ生きる

息あるうちは いきいき生きる」


これは、なんと、作詞 井上ひさし。

作曲 宇野誠一郎。

知るひとぞ知る「ひょっこりひょうたん島」のコンビである。


2番は・・・。


「はっきり話す はっきり話す

びくびくせずに はっきり話す

困ったときに あわてずに

人間について よく考える

考えたなら よく話す」


3番も、すばらしい。


「しっかりつかむ しっかりつかむ

まことの知恵を しっかりつかむ

困ったときは 手を出して

ともだちの手を しっかりつかむ

手と手をつないで しっかり生きる」


やはり、校歌には、独特のちからがある。

ましてや、井上ひさしの歌詞だったら、

なおさらである。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-05-13 14:58 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_1132729.jpg


柳田邦男のコラム「深呼吸」を

読んだ。(毎日新聞・4月23日付)

九州新幹線に対する鋭い指摘があった。

「超高速鉄道における脱線転覆の大惨事を

避けるために、ほとんどの新幹線に

脱線防止ガードが設けられている。」

「九州新幹線では脱線防止ガードが

一部にしか設置されておらず、現場には

なかった。

さらに、車両台車側の逸脱防止ストッパーも

取り付けられていなかった。

このため、時速80キロだったのに、

全車両が脱線したのだ。

回送列車だったのは偶然にすぎない。

乗客を乗せて高速運転中だったらと思うと、

ぞっとする。」


最後は、次のように結論づける。

「人の命よりカネの節減(安全投資削減)が

優先されるという、この国の安全文化の

レベルの低さが「定番化」されている姿が見える。」


連休まえに、余震の続く中、

九州新幹線を再開しようとしいう話があるらしい。

ほんとうに、大丈夫なのだろうか?



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-04-26 11:47 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_144585.jpg
c0069380_1451729.jpg


先日、関西の女性が、ぽつんと

こんなことをつぶやいた。

「少し、時間ができたら、

子ども食堂をやってみようかしら。

うちの周りに、ごはんが食べられない子どもが、

けっこういるのよ。」

この飽食の時代に、

そんな馬鹿なとおもって、

そのままにしていた。


ところが、きょうの東京新聞に

関連記事が載っていた。

「おなかがすいた。

きのうから何も食べてないもん」

「お母さんがうつ病でご飯がつくれない」

「毎日二食で、カップラーメンとコンビニのおにぎり」



子どもの貧困率は、16.3パーセント。

過去最高であるという。

母子家庭の8割で母親が働き、

半数はパートやアルバイト。

経済的困窮は、子どもの生活そのものを

危機に陥れている。


子ども食堂は、全国各地に相次いで誕生しているという。

首都圏では少なくとも32ヵ所あり、

半数が昨年中に開設したという。

子ども食堂は、意外に広がりつつあるのだ。

知らなかった。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2016-02-09 14:18 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_15552913.jpg


「映画の戦後」を読んだ。

ちゃぶ台について、興味深い記述があった。


「『卓袱台のある暮し』は近代日本の庶民の暮しそのものだ。

長谷川町子の『サザエさん』でも向田邦子のドラマでも、

あるいは小津安二郎や成瀬巳喜男、木下恵介の小市民映画でも

家族の中心に卓袱台があった。」


ところが、それは、明治にはなかった光景だという。


「卓袱台が一般に普及するのは大正時代。

それまで普通に使われていた箱膳が

関東大震災によって消失したのが

普及の一因ともいう。

何より大正デモクラシーによってそれまでの

家父長的秩序が崩れたことが大きい。

箱膳には序列があるが卓袱台にはそれがない。

家族みんなが平等に食卓を囲む。

和気藹々とした雰囲気が生まれる。」


知らなかった。

そういえば、江戸の時代劇には、箱膳の食事風景が

当たり前に出てくる。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-12-23 16:09 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_1444631.jpg
c0069380_1441671.jpg


先月、福島から帰ってきたあと、

東京新聞に、東京湾のセシウム調査の記事が載っていた。

(2015年11月13日付)

東京新聞の記者と学者が定期的に

調査しているという。

結果は、東京湾に注ぎ込む河川の河口部の

セシウムが、高止まりしているという。

とくに、千葉の花見川では、最大878ベクレルの値を

観測した。

これは、福島第一原発事故由来であるという。


除染のために、土を剥ぎ取ることも重要だが、

海や地中に残留する放射性セシウムなどの

汚染を地道に、計測することは、さらに重要なことだろう。

人間および生き物が、生活できる環境を維持するためには。


それにしても、4年半たっても、福島第一由来の汚染が、

東京湾に継続しているというのは、

ショックである。




お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-12-13 14:19 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_11413950.jpg
先日、福島に行ったとき、ローカル・ニュースで、

その存在を知った。

希望の牧場ふくしま。

福島第一原発から14キロのところにある牧場である。

330頭の牛を飼い続けている。

殺処分にしたらという意見に対して、

生き物を殺すにしのびないと飼い続けている。

当然、牛を出荷するつもりはない。

資金カンパで、えさをまかなっている。

今年の冬のえさをどうするか?

たたまたま、宮城県の牧場の汚染のレベルの低い牧草が、

処分されず保管されていた。

それを受け入れることで、話がまとまりかけていた。

ところが、宮城県と福島の地元自治体が、異議を申し立て

すったもんだしている。

どうなるのだろう。


でも、この希望の牧場ふくしまの取り組みは、

原発事故の問題の深いところで、考えさせられるものを

はらんでいる。


なんとか生かしたいという330頭の牛を

殺していいのだろうか。

牛が生きられない場所には、人間も住めないのではないか。

5年先を目標に、順次、住民を帰宅させようという計画が

進んでいるというが、

ほんとうに、安心してすめるところかどうか

牛たちが、証人になってくれるのではないだろうか。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ



[PR]
by kitanojomonjin | 2015-11-29 11:55 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_16131652.jpg
c0069380_16123329.jpg
c0069380_16120287.jpg
相馬港にある「伝承鎮魂祈念館」を訪ねた。

平成27年4月1日にオープンしたばかりだという。

中に入ると、独特の雰囲気に包まれている。

無理もない。

「相馬市の原風景を後世に残し、

遺族の心の拠所としていく」ために、建てられたものだという。

単なる記念館ではないのだ。

「伝承鎮魂祈念館」という名前にも、その思いが

こめられている。

一番、印象に残ったのは、展示していた膨大なスナップ写真である。

行方不明の人々の生前の楽しそうな表情が

残されている。

この地域では、東日本大震災の津波で、

458人の命が、奪われたという。

行方不明者の写真が、引き取られずにあるということは、

家族ぐるみで被害にあったということを

物語っているのだろうか。

祈念館の外に、ブランコが赤さびたまま残っていた。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ








[PR]
by kitanojomonjin | 2015-11-21 16:27 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_12444829.jpg






先日、ラジオで、根深誠くんが、津軽百年の森づくりについて、

話していた。

彼は、地元弘前出身の登山家・作家で、白神山地の保護運動に

永年関わってきた。

いま、ブナを植える運動をしている。

少なくとも、ブナが成長するには、30年はかかるという。

そこで、彼のいう言葉が、面白かった。

このブナの成長を見とどけるために、

「死なないことにした」というのである。

ひとは、目標があれば、いくらでも、生きられるのではないか?

彼のことばを聞いて、そう思った。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2015-10-02 12:51 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_16432601.jpg



雑誌「東京人」の最新号は、「ヤミ市を歩く」という特集だった。

表紙は、上野のヤミ市の写真。

実に、迫力がある。

現在、江戸東京博物館館長の竹内誠さんが、

上野のヤミ市について語っていた。

竹内さんは、昭和21年4月、旧制上野中学に入学し、

当時のこの界隈のことをよく記憶してるという。

なかでも、鯨ベーコン。

「食べ物で印象に残っているのは、鯨ベーコンの塊。

外側の赤いのがぱっと目に飛び込んでくるんですね。」

当時、鯨ベーコンは、最も庶民的な食べ物のひとつだったという。

竹内さんは、その後の変化を語っている。

「やがて少しづつ世の中が落ち着くと、

ヤミ市の商品にも変化が現れてくる。

すいとんやふかし芋などが主流だった食べ物には

『シベリア』という名の菓子が登場し、

生活用品も職人が手間暇かけて作った製品が

ならぶようになり始めた。」

「これがモノづくり日本の復活の起点のなった」と

竹内さんはいう。

それにしても、はて、「シベリア」とはどんな菓子なんだろう。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2015-08-22 16:18 | この国のかたち | Comments(0)

c0069380_15401884.jpg
「何度か那覇にきたが、この町で、

平静な気持ちで夜をすごせたことがない。」

作家・司馬遼太郎さんの街道をゆくの

「沖縄・先島への道」の1節である。

それは、沖縄戦の記憶による。

「沖縄戦において、日本軍は首里を複郭陣地としたため、

ここで凄惨な最終決戦がおこなわれ、このため、

兵も石垣も樹も建造物もこなごなに砕かれた。

この戦いでは住民のほとんどが家をうしない、

約15万人の県民が死んだ。

沖縄について物を考えるとき、つねにこのことに到ると、

自分が生きていることが罪であるような物憂さが襲ってきて、

頭のなかが白っぽくなってしまい、つねにそうだが、

今もどうにもならない。」

司馬さんは、戦時中、

米軍が上陸するかもしれない九十九里浜や厚木の湿地帯にやらされたという。

「500万の住民が居住している関東平野に米軍が上陸した場合」を

想定していた。

「その事態が、50万の住民の住む沖縄本島でおこってしまった」のである。

しかもその現実は、悪魔の想像力でも及ばないほどに悲惨なものになった。

戦中派の万感の思いをこめて、司馬さんは書いている。

「条件でいえば、関東平野だけでなく、上陸地として予想されていた

中部地方の沿岸や南九州の沿岸においても、かわらない。

沖縄は、身代わりになった。」

沖縄の問題は、けっして、遠い問題ではないことを

痛感させられる。


ちなみに、あす13日(木)よる8時から、

沖縄戦の戦場の行政官のはなしが放送される。

“命どぅ宝” 沖縄県知事 島田叡からの伝言 
   8月13日(木)20:00~21:00 BSプレミアム

(再放送は、20日(木)あさ8時から、BSプレミアム)


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2015-08-12 16:09 | この国のかたち | Comments(0)