カテゴリ:中国( 12 )

c0069380_11344975.jpg
c0069380_11354680.jpg


上野の東博・平成館で開かれている

「中国王朝の至宝展」が、

先週、入場者10万人に達したと言う。

この厳しいタイミングで、

健闘している。

中国文明をより根源的な意味で

見つめたいと言う気持ちが

強いのだろうか?

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2012-12-03 11:39 | 中国 | Comments(0)

c0069380_12382371.jpg


お世話になっている来村多加史先生が、

先日の朝日の夕刊に載っていた。

(2010年5月13日付)

「現代の遣唐使になろう」

そんな思いで、中国の北京大学に

留学されたという。

そして、南京や西安一帯の陵墓を

ひたすら巡っているうちに、つぎのことに気づいたという。

「方位を重視する陰陽五行説や風水思想が、

日中両国ともに古墳築造の決め手になっている」と。

のちに、網干善教先生のもとで、

キトラ古墳発掘に携わることになる。

知らなかったエピソードである。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-05-15 12:46 | 中国 | Comments(0)

c0069380_1227988.jpg


こんな話を聞いた。

中国北部。

凍てつく冬。

あんまり寒いので、耳が落ちる。

落ちた耳をすぐつけるとくっつく。

ただし、季節の変わり目になると、

とても痛くなる。


もちろん、これは、ウソです。

でも、こんなにウソが、重ねられると

どこからウソで、どこからウソでないか

分からなくなる。

これは、ちょっと、中国大陸的な気分がする。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-11-23 12:33 | 中国 | Comments(0)

c0069380_18173712.jpg


しばらく中国北部へ行っていた。

折りしも、大寒波襲来で、

零下10度を超える一面の銀世界だった。

寒さに震え上がるばかり。

でも、ふだんめったに出会えない体験をした。

寒さと雪は、人間に緊張感を与え、

哲学的な思考へといざなう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-11-21 18:21 | 中国 | Comments(0)

c0069380_16265869.jpg
c0069380_1629157.jpg


先日、中国へ行ったとき、

麻婆豆腐のふるさと・成都で

本場の麻婆豆腐を食べた。

唐がらしと山椒がきいたその味は

くせになるほどおいしい。


「日本でも、豆腐屋と銭湯がある街は、

味わいのある街だよね。」

といったら、

「やっぱり水がいいということに尽きるよ。」

という返事がかえってきた。

なるほど。

四川盆地もゆたかな水の土地であり、

それにふさわしい味をはぐくんできたのだ。


日本でも、京都といい、

豆腐料理を売り物にする場所は、

豊かな水の地でもある。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-09-25 16:28 | 中国 | Comments(0)

c0069380_14185651.jpg
c0069380_14191946.jpg


先日、中国経済のシンポジウムをのぞいてみた。

中国国家統計局長の馬建堂氏が、いまの中国経済に

ついて、いろいろ話した。

その中で、印象に残ったのは、

「中国13億人の食は大丈夫です」という発言だった。

中国4000年の歴史は、多くの民の胃袋をいかに

満たすかにあった。

毛沢東もしかり。

鄧小平もしかり。

現在、さらりと担当者が、

「中国13億人の食は大丈夫です」

といえる時代に中国がこぎつけたというのは、

ひとつの感慨を持って聞くべき出来事であろう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-09-15 14:19 | 中国 | Comments(0)

c0069380_1949724.jpg
c0069380_19495238.jpg


いつも感じることだが、中国は

訪ねるたびに、様変わりしている。

来年5月、上海万博。

建設工事が急ピッチで進んでいた。


一番みじかに感じる様変わりの例。

「乾杯」。

ご存知のように、中国の乾杯は、その字のとおり、

杯をあけることの意味。

かつては、アルコール分40~50度の白酒の

応酬だった。

最近は、「随意(スーイ)」といって、めいめいの

ペースで飲むようになった。

ところが、今回は、「乾杯」をワインやビールでやる

スタイルが、あたりまえになっていた。

「随意(スーイ)」ではものたりない。

といっても、白酒では強すぎる。

そこで、生まれた知恵のようだ。

ワインやビールを一口で飲み干せる分量だけついで

いっきに「乾杯」をやる。

どんどん様変わりしている。

でも、中国人の乾杯についてのこだわりは、

変っていないのかもしれない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-09-02 20:02 | 中国 | Comments(0)

c0069380_1515154.jpg

c0069380_1516057.jpg


中国の旅のつづき。


竹林と赤い塀の廟。

静かな時間が流れるそのたたずまい。

かと思うと、門前には、

若者たちがむらがり、

木の枝に、おみくじをくくりつけていた。

ハートのマークから察すると恋占いの

おみくじのようだ。

新旧・中国のふたつの顔である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-09-01 15:24 | 中国 | Comments(0)

c0069380_175155100.jpg


先週、中国に行っていた。

写真は、空港でみた新型インフルエンザ注意のアニメ。

なかなかテンポのいい曲にのせて、

豚のキャラクターが楽しくみられる。

こんなにひんぱんにPRしなけばいけないほど、

身近な危機になっている証拠でもある。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-08-31 17:56 | 中国 | Comments(0)

c0069380_1547332.jpg

c0069380_15464740.jpg


先日、横浜で、張学良のシンポジウムがあった。

1936年、蒋介石を監禁して、中国現代史の方向を

大きく変えた西安事件の張本人である。

アメリカのコロンビア大学が保管していた彼の日記ほか

関連文書が、一般公開されることになったという。

すわ、西安事件の新事実発見かと駆けつけたが、

1937年からの記録だという。

残念。

それにしても、アメリカの大学に持ち込まれ、

それをしっかり整理し、公開するというルートが出来ているらしい。

知らなかったが、蒋介石・蒋経国父子の日記も、ひそかに

ボストンバックにつめられ、カリフォルニアのスタンフオード大学に

持ちこまれ、同じように、最近、公開され始めたという。

個人の歴史を抹殺されないように、後世に残すために、

ひそかに海外に持ち出すというスパイもどきの行為。

その裏には、後世の人々から正統な評価を得たいという

しっかりした歴史に対する意識があるようだ。

なかなかしたたかである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-11-27 15:46 | 中国 | Comments(0)