カテゴリ:津軽( 254 )

c0069380_21134346.jpg
先日、弘前駅についたら、

ブラタモリのポスターが出迎えてくれた。

7月8日(土)の夜のブラタモリは、弘前を

訪れるらしい。

そういえば、5月頃、弘前にロケに来たという

噂を聞いた。

いったい弘前のどこを紹介するのか?

楽しみである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2017-07-06 21:18 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_11155883.jpg
c0069380_11154095.jpg
c0069380_11152373.jpg
津軽峠から、少し山道をくだったところで

マザーツリーに出会える。

樹齢400年といわれるブナの巨木で、

30メートルの高さに、そびえている。

白神山地のシンボルともいうべき樹である。

といっても、そこにたどりつく途中に、

軽く100年200年とみられるブナの巨木が、

ごろごろしているから、驚きだ。

いたるところ、マザーツリーだらけなのだ。

白神山地の内懐の深さを実感させられる。

おりしも、山は、いっせいにハルゼミが鳴き

森林浴を満喫できた。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-06-10 11:24 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_12035486.jpg
c0069380_12043909.jpg

c0069380_12052787.jpg
先日、待望の津軽峠に行って来た。

峠の上に、ポツンとバス停があって、

一日1本バスが、通っていた。

遠くには、白神山地の白神岳(1232メートル)と

向白神岳(1243メートル)が望める。

反対方向には、岩木山(1625メートル)が。

こんなすてきな眺望のところとは知らなかった。

びっくりである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2017-06-09 12:06 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_17542313.jpg
最近、津軽で、もっぱら話題になっているのは、

「津軽弁のオレオレ詐欺」が、あらわれたこと。

先月の暮れから、地元紙のニュースに

何度も取り上げられて、注意を喚起されている。

いよいよ津軽にもか~と不思議な感慨がある。

津軽弁は、薩摩弁と並ぶくらい難易度の高い方言である。

肉親を装うオレオレ詐欺は、津軽弁の微妙なニュアンスは

標準語以上に難しいだろうに。

それにくわえて、平和な津軽地方も

みさかいなくオレオレ詐欺のターゲットにされ始めたということ。

都会だけにかぎらず、

犯罪は日本列島を席巻し始めているのだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ






[PR]
by kitanojomonjin | 2017-06-03 18:03 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_11423025.jpg
津軽では、太宰治ゆかりのツアーが、

先日行われたという。

(東奥日報・2017年5月18日付)

太宰治ゆかりのコースには、

「魚服記」の舞台とされる藤の滝が

含まれていた。

一度は、訪れてみたいところである。

小説「津軽」をはじめ、

訪ねたい太宰治ゆかりの場所は

まだまだ、たくさんある。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-05-28 11:49 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_14421287.jpg
先日の新聞に、今年も弘前の久渡寺で

オシラ様講が、開かれたという記事が載っていた。

(陸奥新報・2017年5月19日付)

毎年、5月15日16日に開かれる。

ふだんは、それぞれの家で祀られている

オシラ様が、きらびやかに正装して、

ずらりと、お寺の本堂に安置された。

1時間にわたり、祈願の護摩修法が行なわれたという。

原則、一般には、公開されていない。

記者は、オシラ様を大事に祀っている女性達に

インタビューしている。

「時折、廊下できれいな鈴の音が鳴る。

オシラ様が家を見回っていると感じる」とか

「父が交通事故に遭った時、

汚れるはずのない衣装に大きなしみができ、

身代わりになってくださったと思った」とか

いずれも、貴重な証言である。

オシラ様の信仰は、いまも生きている。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-05-26 14:56 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_12162873.jpg
先日の新聞に、江戸時代の紀行家・菅江真澄の

暗門の滝へのルートの現地調査が、GSPなどを使って、

行なわれたことが載っていた。

(東奥日報・2017年5月16日付)

実施したのは、「津軽百年の森づくり」の根深誠さんや

西目屋村の関係者。

このことでわかるのは、

およそ220年前の菅江真澄の暗門の滝ヘのルートが

いまだに未知の部分があるということ。

もうひとつは、根深さんのグループは、数年前から

関心を持っていたということ。

菅江真澄はいまだに、静かなブームのなかにあるのだ。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ



[PR]
by kitanojomonjin | 2017-05-22 12:25 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_12391122.jpg
c0069380_12395210.jpg
c0069380_12402144.jpg
c0069380_12410730.jpg
先日、青森県鯵ヶ沢町の白神の森に

いってきた。

うっそうたるブナの林。

その足元の湿地に

山野草が、可憐な花を付けていた。

鋭角的な形のカタクリの花。

うすむらさきの妖艶な花をつけるシラネアオイ。

そして、ガクアジサイと似ているが、

美しい白い花をつけるオオカメノキ。

ブナの林のなかは、いま遅い春の

真っ盛りである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ



[PR]
by kitanojomonjin | 2017-05-20 12:42 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_20292010.jpg
いま、津軽の山々は、山桜が咲き、

木々は、新緑に包まれている。

新青森駅から、大釈迦駅にいたる奥羽線の車窓から、

萌える山の姿を満喫できた。

まさに、春もみじの季節である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-05-11 20:34 | 津軽 | Comments(0)

c0069380_09021105.jpg
弘前公園の桜は、今がたけなわ。

外堀から、西堀まで、ほぼ満開。

あとは、この花が、連休のどこまで

散らずに残っていてくれるか。

ひさしぶりに見た津軽の桜は

良かった。

一年分の元気をもらった気がする。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2017-04-27 09:05 | 津軽 | Comments(0)