お月見縄文祭 2008年9月16日

c0069380_15184543.jpg

c0069380_17574098.jpg


今年で10回目の三内丸山遺跡でのお月見縄文祭が

13日土曜日開かれた。

夜になって、お月見コンサートが始まっても、

月が顔を出さない。

必ず月が顔をだすというジンクスは、

いよいよ破られるかと思ったとき、

最後に月がにわかに、雲の間から顔を出した。

みんな演奏をそっちのけにして、思わず手をたたいた。

ラストの山上進さんの津軽三味線の演奏のときは、

まるで演奏にあわせるように、顔を出したり隠れたり、

最高の天空ショーを見せてくれた。

10回目にふさわしい今までにもまして、感動的な

お月見だった。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-09-16 15:26 | 縄文 | Comments(0)