上海・横浜橋 2008年8月21日

c0069380_127675.jpg

(ホテルの窓から上海の街・むこうのビルの陰にサッカー場が臨める)
(旧租界地は、下の古い建物の一角)

佐野眞一の「阿片王」というノンフィクションを読んでいる。

里見甫(さとみ・はじめ)という秋田県能代出身の男の

半生記である。

上海を拠点に、関東軍に代わって、阿片の売買に携わっていた。

こんな一行が目に入ってきた。

「ブルー・バード(ナイトクラブ)は、共同租界の虹口地区を

南北に貫く四川北路の、横浜橋という短い橋のたもとにあった。」

4月に、上海へ行ったとき租界跡をぶらぶらして、

確かに、「横浜橋」というのを見た。

名前は興味深かったが、周辺はあまりにも現代的に様変わりしていて

写真も取る気にならなかった。

あそこに、阿片王・里見甫の行きつけのナイトクラブが

あったとは!


そこのダンサー和田妙子の、里見についてのこんな証言も

記されていた。

「おっちゃんは酒は一適も飲まず、ハム・エッグばかり

注文する変わった人でした。」

まさに、怪物である。

でも、なにか憎めない稚気を感じさせられるエピソードだ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-08-21 12:27 | 旅の街角から | Comments(0)