津軽冬景色 2008年2月16日

c0069380_12365984.jpg

c0069380_12371477.jpg


先日、雪降ろしに津軽に帰った。

一回に降る雪は、どっさりだが、積雪は例年の半分

だという。

弘前市内の道路は、ちゃんと顔を出していた。

懐かしい一戸時計店の時計台。

そして、和菓子の老舗・開運堂。

でも、なにか物足りない。

そうだ。

「こみせ」がないせいだ。

その部分が、白いベルトになっている。

各店の前に屋根が張り出し、そこを歩いて、雪にも雨にも

濡れず、移動できた「こみせ」。

町の温かみが失われて、いささかさむざむとした感じである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-02-14 12:37 | 旅の街角から | Comments(0)