「すす逃げ」考 2008年1月5日

c0069380_13242237.jpg

(葉ボタン・ブロギニストの散歩道から)

俳句の季語で、「すす逃げ」という言葉があるという。

最近ラジオで聞いて知った。

意味はそのものズバリ。

スス払いから逃げるということらしい。

  すす逃げや

  うしろめたさの

  鐘をつく

こうして、すす逃げも無事正月を迎える。

正月を迎えられれば、幸せな方で、

こんな句もある。

  すす逃げて

  家にも世にも

  帰り来ず

暮れに、病気で入院して、そのまま帰らぬ人になった

夫のことを呼んだ句だという。

それほど深刻でなくても、江戸300年の昔から、

夫は、家に居場所がなくて、ひたすら「すす逃げ」願望を

繰り返してきたのかもしれない。

その位置関係が、暮れにくっきりとあらわれて、

「すす逃げ」という季語にまでなっているということに

いたく共感させられる。

そんなことに関心している場合かとお叱りを受けそうだが。


 お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-01-05 13:39 | 人生 | Comments(0)