看取りの話 2007年12月5日

c0069380_12254661.jpg

c0069380_12261341.jpg


先日、ホスピスの介護の運動をしている女性の

話をラジオで聞いた。

人が死んでいくのは、飛行機が着陸するのに

似ているという。

次第に高度を下げ、車輪を出し、

着陸態勢に入る。

それは、医者に対するメッセージはもとより、

家族に多くのメッセージを与えてくれる。

それを「看取って」、しっかり受け止めて欲しいという。

死者を語らない社会は、成熟社会といえないのではないか

とも言う。

なるほど。

翻って考えると、縄文人のほうが、死者を身近に感じ

常に死者と向き合っていた。

もう一度、縄文人に思いをはせる意味がそこにもあると思う。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-12-03 12:26 | 人生 | Comments(0)