死者に貝殻を? 2007年10月15日

c0069380_13504391.jpg

(ブロギニストの散歩道から)

大森貝塚が発見されてから130年。

そのうち100年は、貝塚研究の冬の時代だったという。

その理由の一つは、人骨を求めての乱掘だった。

日本列島の土壌は、ほとんどが酸性土壌。

人骨は、酸性土壌で溶けて残らない。

ところが、貝塚は、酸性を中和するアルカリ性のため

人骨が残る。

そこで人骨をもとめて、貝塚が荒された。

ここから先、興味深い話がある。

縄文人は、そのことを知っていたふしがあるという。


ネアンデルタール人は、死者に花束を捧げたといわれる。

花粉の分析からそのことが浮かび上がってきたという。

これは、よく知られた話である。


一方、縄文人は死者に貝殻を捧げたかもしれない。

ロマンのある話である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-10-13 11:57 | 縄文 | Comments(0)