縄文ファイル最新号(10月号)届く 2007年10月3日

c0069380_12323782.jpg


NPO法人三内丸山縄文発信の会の機関誌「縄文ファイル」の

最新号(10月号)が届いた。

表紙は、先日のお月見縄文祭でのワークショップの様子。

石や木の枝など自然の素材を使って、縄文アートを

呼びかけたところ、素晴らしい作品がぞくぞく生まれた。

みんなアートの天才である。

冒頭の特集は、東京縄文塾での赤坂憲雄さんのお話。

「縄文の発見」と題して、岡本太郎論の続き。

シリーズ遺跡の活用を考えるは、大湯環状列石の活用について。

おなじくシリーズの夢追う平成の縄文人は、

作家の司馬遼太郎さんの特集。

最新情報は、10月5日(金)18時半から、

築地の朝日新聞読者ホールで東京縄文塾が開催される。

「貝塚とは何か」と題して、大森貝塚130年を記念して

樋泉岳二さんのお話。

関心のある方はぜひ参加を。

問い合わせ先
  NPO法人三内丸山縄文発信の会
    TEL.017-773-3477


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-10-01 12:32 | 縄文 | Comments(0)