カラヤンとフルトヴェングラー 2007年8月22日

c0069380_12224075.jpg


「カラヤンとフルトヴェングラー」という本を読んだ。

こんなくだりがある。

「芸術家のなかで、芸術的才能のみで通用する

職業は、実はほとんどない。

画家も小説家も詩人も、作曲家も演奏家も、

みなある程度のプロデユース能力とマネージメントの

才能がなければ、そもそもデビューすることが難しい。

そのなかで、オーケストラの指揮者ほど、

芸術以外の才能が求められるものはない。

現在の音楽界にも陰謀や復讐はあるだろう。

だが、この本に登場する人々が展開したほどの

激しいドラマがあるだろうか。」

まったくその通りだ。

フルトヴェングラーとカラヤンとチェリビダッケの

三者をめぐるさやあては、想像を絶するほどの激しさであった。

まずは、その個性の強さ。

そしてそれを取り巻く人間模様。

クラシックを舞台にした国際政治劇を垣間見るようだ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-08-22 12:25 | 人生 | Comments(0)