腹下し文学 2007年8月21日

c0069380_1234869.jpg


藤沢周平の「市塵」という小説を読んだ。

2度目である。

新井白石の半生記をたんたんと綴ったものである。

新井白石には、「しゃ」という持病がある。

腹下しの持病である。

登城の途中で、急にトイレに行きたくなって

商家の厠を借りる。

だいたい下腹に力が入らないと

意欲もなかなかわかないものだ。

だが、白石の場合は、腹下しをかかえながら、

青鬼といわれるほど、改革に邁進し、

次々に成果を挙げていく。

こわもての反面、腹下しに悩まされ続ける白石に、

なにか親しみを感じさせられる。

世の中には、こうした「腹下し文学」の系譜が

あるような気がする。

先日読んだ宮本輝の「ひとたびはポプラに臥す」も

このジャンルに入るかもしれない。

腹を下しながら、水と油が合わないとこぼしながら

延々とシルクロードの旅をする。


人間は、胃袋と腸で生きている。

人間の喜怒哀楽も、多かれ少なかれ胃袋と腸に

左右される。

それが、とっても人間的である。



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-08-19 12:34 | 人生 | Comments(0)