風の柱 2007年7月20日

c0069380_14435043.jpg

(ブータンのダルシン)

赤坂憲雄さんの「岡本太郎の見た日本」を

読み終わった。

韓国を訪ねたとき、岡本太郎は、チャンスンという

一本の棒に関心を示す。

「眼の前に、何でもなくヒョロッと立ち続けて、

永遠に風に吹きさらされている姿。

ダイレクトに天に向って突き上げている。

大地から高みに、また逆に天空から地底に向って、

垂直の交流の神聖な象徴として。」

ここからが、岡本太郎の真骨頂である。

「だが神秘感はそれだけではない。

眼にはふれないが、そこを水平に通り過ぎる運命の流れがある。

ポールはその垂直と水平の流れとの運命的接点だ。

私はその透明な、ドラマチックなふれあいを心に強く感じる。

古い昔から、北方ユーラシアの大草原、ウラル・アルタイ、

そしてモンゴルを通って朝鮮半島に吹き付けた流動感。

わたしはそれを「風」として素肌に感じとるのだ。」


去年、ブータンの峠で、決まって目にしたのぼり・ダルシン。

その思いと、この記述は奇妙に重なってくる。

あのダルシンの意味しているものは、やはり北方ユーラシアに

広がる概念なのだということを改めて感じさせられる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-07-18 14:45 | 旅の街角から | Comments(0)