中国の旅4・周恩来の部屋 2007年6月24日

c0069380_1637315.jpg

c0069380_16375994.jpg


中国・西安で、周恩来の部屋を見た。

1935年、西安事件を契機に、共産党と国民党が手をつないで、

抗日に足並みをそろえるという国共合作の統一戦線が

実現した。

そのころ、周恩来たちが、拠点にしていた建物が、

今も残されている。

正式には、八路軍西安弁事処紀念館という。

若き日の周恩来・劉少奇がここに、一時期いた。

文化大革命の時期、周恩来が劉少奇を先頭に立って

攻撃することになろうとは、このころとても想像できなかった。


質素な周恩来の部屋。

歴史が、そこに息づいていた。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-06-21 16:38 | 旅の街角から | Comments(0)