周恩来秘録 2007年6月10日

c0069380_171001.jpg


先日、テレビで「毛沢東の時代」というドキュメンタリーを見た。

そのときの文革の時期、劉少奇を攻撃している周恩来の

顔の映像が忘れられない。

痛々しく正視できない表情をしていた。

この本を読んで、やっとその意味が分かった。

周恩来は、毛沢東を恐れていた。

必死で、権力闘争を生き延びようとしていたのである。

この本の原題は、「晩年の周恩来」というそうだ。

そのほうが、分かりやすい。

とにかく中国ほど、エネルギーがあって、気になる国はない。

さて、話は変わるが、その中国に暫時、旅に出る。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-06-05 17:10 | 人生 | Comments(0)