縄文ファイル最新号(5月号)届く 2007年5月8日

c0069380_14221738.jpg


NPO法人三内丸山縄文発信の会の機関誌の

縄文ファイルの最新号(5月号)が届いた。

冒頭の特集は、「文化財を守り伝える~漆の観点から」

と題して、3月に弘前で実施された縄文塾から、

岡田康博さんのお話。

シリーズ「縄文遺跡の活用を考える」は、

大船遺跡の調査と保存について、

函館市教育委員会の阿部千春さんが執筆。

シリーズ「夢追う平成の縄文人」は、縄文発信の会の

事務局長杉山陸子さんを紹介。

c0069380_1423278.jpg


さらに、5月の東京での縄文塾のお知らせ。

5月25日(金)午後6時半から。

築地の朝日新聞社2階読者ホールにて。

講師は、赤坂憲雄さん。

「縄文の発見~岡本太郎」と題して、講演される。

興味深いお話が期待できそう。

お問い合わせは、
  NPO法人三内丸山縄文発信の会事務局まで。
          tel.017-773-3477


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-05-01 14:23 | 縄文 | Comments(0)