お母さん帰ってきて 2007年4月17日

c0069380_1112192.jpg

c0069380_1115329.jpg

c0069380_112188.jpg


「お母さん帰ってきて」というテレビのドキュメンタリーを

見た。

中国の出稼ぎ村の子どもたちの話である。

中国の出稼ぎは半端でない。

両親が都会に働きにいったまま、2年も3年も

戻ってこない。

残された子どもたちは、学校付属の寮で暮らしている。

小学生たちがのきなみ寮に入っている。

日本の出稼ぎなら、盆か正月には帰ってこれるのに、

広大な中国では、帰る旅費もままならず、

極端な例では、2年も3年も両親の顔を見ずに過ごす。

幼い子どもの中には、親に捨てられたと思い、

久しぶりに会った母親にも打ち解けられず、

かたくなな態度をとり続ける子もいる。

そんなこどもたちの春節(中国の旧正月)までを

子どもたちの目からたんたんとドキュメントしている。

どうしてお母さんは、出稼ぎに行ってしまうのだろう。

どうして、お母さんといっしょに暮らせないのだろう。

素朴なつぶやきが、じわじわと響いてくる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2007-04-17 11:18 | 人生 | Comments(0)