クラシック&ジャズ パリ日記(6)2006年12月18日

c0069380_1222243.jpg

時差ぼけのパリでのお話の続き。

うつらうつらしながら、ホテルのテレビを見ていたら、

クラシック&ジャズという番組を見つけた。

クラシックとジャズの演奏を交互にやる音楽チャンネル。

一日中やっている。

でも、なぜクラシックとジャズなんだろう。

一瞬戸惑うが、分かるような気もする。

フランス人らしいセンスだ。

ちょうどバーンスタインが1985年にウィーンフィルを

指揮した映像が出ていた。

曲は、シューマンの交響曲第3番「ライン」。

しばし名演奏に聞きほれた。

かくして、パリの時差ぼけの夜は、更けていく。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2006-12-17 13:18 | 旅の街角から | Comments(0)