縄文ファイル最新号(11月号)届く2006年11月3日

c0069380_13235528.jpg

c0069380_13244131.jpg

c0069380_13252679.jpg


NPO法人三内丸山縄文発信の会の機関誌「縄文ファイル」の

最新号(11月号)が届いた。

冒頭の特集は、2006年の発掘調査について。

注目すべきは、4本の木柱が出土したこと。

「木柱は、最大で直径60センチ、長さ約1メートル

だった」という。

遺跡対策室の岡田さんはこう話している。

「台地の縁辺部にも大型掘立柱建物があることが

確実」となったという。

シリーズ「縄文遺跡の活用を考える」は第5回。

シリーズ夢追う平成の縄文人は、地球研の

佐藤洋一郎さんの横顔を紹介している。

関心のある方は、事務局まで。

 三内丸山縄文発信の会事務局
    017-773-3477

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2006-11-02 13:27 | 縄文 | Comments(0)