縄文ファイル最新号届く 2006年8月15日

c0069380_2028359.jpg

c0069380_20283537.jpg


NPO法人三内丸山縄文発信の会の最新号(8月号)が

届いた。

表紙の写真は、去年のお月見縄文祭の様子。

冒頭の特集は、仙台縄文塾での「縄文のアート」。

民俗学者赤坂憲雄さんとキュレイター立木祥一郎さんの

お話。

シリーズ「縄文遺跡の活用を考える」は、

第2回縄文遺跡の特徴について。

執筆は、三内丸山の岡田康博さん。

同じくシリーズ「夢追う平成の縄文人」は、

縄文太鼓の宮崎龍美さん。

ところで、今年も縄文遺跡でのお月見が、

9月9日(土)三内丸山遺跡で開かれる。

詳しいことは、次のホームページでご覧ください。
http://www.prism-net.jp/prism_site/jomon_site
/2006otukimi/program.htm


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2006-08-15 20:40 | 縄文 | Comments(0)