人間死んだらおしまい 2006年6月4日

c0069380_12582351.jpg


先日、ラジオで、落語の「文七元結(もっとい)」の
話をしていた。

暮れの28日、吾妻橋を通りかかった長兵衛は、
まさに、身投げをしようとしていた文七を思いとどまらせる。

そのときのくどきは、「志ん生人情ばなし」によると
こんな具合である。

「人間てえ奴ァな、寿命のあるのをわざわざ縮めるッてえのは、
神にすまねえ。」

「な、人の命てえのはそんなもんじゃねえや。」

そういって、娘が吉原で身請けして作った50両という
大金を文七に渡す。

この後、文七の無くした50両も見つかり
めでたしめでたしの人情落語である。

ラジオで、指摘していたのは、この落語に貫かれている
「人間死んだらおしまい」という素朴な精神であった。

この落語は、明治初期、三遊亭円朝が流行させた
ものだという。

江戸から明治に替わり、人々のこころが揺れていたとき、
人間にとって最も大切のものは何かー

三遊亭円朝なりに考えた結論が、
この人情話なのかもしれない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2006-06-03 13:33 | 人生 | Comments(0)