利根町の巨木とタブノキ 2005年12月30日

c0069380_20585871.jpg


「こころ縄文人」の提唱者である照井勝也さんから、
「利根町の巨木とタブノキ」という本をいただいた。

「内容は2年間かけて町内をくまなく調査した結果を
本にしたものです」とあった。

なぜタブノキなのだろうか。

それは、この本の植物研究家渡邊剛男の解説に詳しい。

要約すると、
「タブノキはクスノキ科の常緑広葉樹です。」
「シイ、カシ、タブノキ、ヤブツバキなどは照葉樹林として
欠かせない樹木です。」

さらに、
「タブノキ林は沿海地に多く暖帯植物の代表的な樹木です。」
とある。


房総半島の暖かな海岸沿いに昔からタブノキの林が
茂っていたことだろう。
それは、おそらく縄文の時代までさかのぼると思われる。

次の記述からそれが読み取れる。
「縄文時代から丸木舟として活躍したと思われます。」

「タブノキの名の由来は、朝鮮半島で丸木舟を
tong-baiといい、転化してタブです。」

「古代の信仰で対象となった大きな樹木が
霊(たま)の木であり、
それがタモ、タブと変化したとも思われます。」

黒潮の暖流の沿海地域。
照葉樹林の代表的な木。
縄文時代の丸木舟の素材。
そして、霊木の名の由来。

タブノキをめぐるそれぞれの要素が、
縄文時代の人々のくらしと祈りに結びついているようだ。

「こころ縄文人」を提唱する照井さんを引きつける
背景もこの辺にあるのだろう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
Commented by こころ縄文人 at 2006-01-08 01:44 x
大変ご無沙汰しております。『利根町の巨木とタブノキ』ご紹介ありがとうございました。お陰様で地元では好評です。NHKで放映された宮脇昭先生の「潜在自然植生」が注目されているので、タイムリーな出版となりました。
「縄文倶楽部通信」もブログに衣替えしました。幼稚なサイトですが一度覗いてみて下さい。
Commented by kitanojomonjin at 2006-01-08 10:57
こころ縄文人さんメールありがとうございました。今年もよろしくお願いします。
by kitanojomonjin | 2005-12-28 20:59 | 縄文 | Comments(2)