JOMONガーデンづくり大盛況 2017年9月17日

c0069380_20451112.jpg
16日土曜日、三内丸山遺跡で行われたJOMONガーデンづくりは、

大盛況だった。

けさの地元紙にもこんなふうに紹介されていた。

(陸奥新報・2017年9月17日付)

「大型竪穴住居の中で行われたワークショップでは、

親子連れらが葉っぱ石などを使い縄文時代の自然を

イメージした箱庭作りに挑戦。

スタッフの手ほどきを受けながら、丁寧に

葉っぱや石を土台に飾り付けた。」

子供たちは、縄文の丘を作ったり水場を作ったりして、

そこに思い思いの土偶を配置する。

みんな熱中して、所定時間の2時間が

あっというまに過ぎた。

参加した親子からは、来年もやってほしいという声もでるほど。

縄文のワークショップの新しい可能性を感じさせる。

これは、お手本なし、正解なしの

想像力をはたらかせるワークショップなのだ。

指導してくれた菊池徹夫先生、

縄文アーティストの安芸早穂子さんに感謝である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2017-09-17 21:01 | 縄文 | Comments(0)