夢の日本史 2017年9月11日 

c0069380_16310380.jpg
いま、「夢の日本史」という本を読んでいる。

すこぶるつきに、面白い。

現代人は、夢は自分のものと考えるが、

古代人は、「夢は、神や仏や死者たちのような

人間を超越た存在から、届けられたメッセージだと思っていた」という。



日本の歴史の中で、文献に登場する夢にまつわることばが、示されていた。

たとえば・・・。

「夢の枕」(12世紀)=夢の中で神仏や死者が現れ告げ知らせること。

「夢を買う」(13世紀)=自分の身に幸運がめぐり来るよう、他人の見た夢を買い取る。

「夢開き」(18世紀)=吉夢や夢のお告げを知らせる祝儀。

「ゆめ知らせ」(19世紀)=遠方で起こったことや、これから起こることを夢で知らせる。

なかなか興味深い。


ちなみに、夢ということばに、「将来実現したい理想」の意味をこめたのは、

20世紀に入ってからだという。

それまでは、あくまでも、異次元からのメッセージであったのだ。

日本人のこころのありようを考えるうえで、

実に興味深い。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-09-11 16:52 | この国のかたち | Comments(0)