幻の山水旅館・半世紀ぶりの修学旅行 2017年7月8日

c0069380_20431037.jpg
半世紀ぶりの中学校の同期生との修学旅行。

フェリーで、津軽海峡を渡って、北海道に上陸した。

まず、大沼公園を訪ねた。

思い出深い場所である。

かつて、ここに、山水旅館という和風旅館があった。

残念ながら、いまはない。

この旅館について、みんなの記憶がまちまちだった。

旅館は、湖の奥まったところにあった。

そこまで、船で行ったという人。

いや馬車で行ったという人。

小生は、いずれの記憶もまったくない。

ただ、天皇が泊まられたという部屋があり、そこのトイレをのぞいたら、

四畳半くらいのじつに、たっぷりした空間だったような気がする。

なぜかそのことは、しっかり記憶にある。


半世紀たつと、それぞれの、記憶の断片が

じつにさまざまである。


念のため、地元の資料をチェックしてみると、

昭和29年8月8日、天皇皇后両陛下宿泊という

記録は残っていた。

しかも、昭和30年代当時とみられる、

建物と馬車の写真もあった。

幻の山水旅館は、たしかに、実在していた。


いまも、大沼公園の駒ケ岳と湖は、

何事もなかったように、

静かにたたずんいる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ

[PR]
by kitanojomonjin | 2017-07-08 21:04 | 旅の街角から | Comments(0)