本物の紳士・カントリージェントルマン 2017年3月31日

c0069380_12101558.jpg
先日、C.W.ニコルさんが、新聞のコラムに

カントリージェントルマンについて、書いていた。

(毎日新聞・2017年3月29日付)

「英国の旅先、ことに田舎の高級ホテルで日本国籍の

パスポートを出すと、『東京に住んでいるのか』と

聞かれることが多い。

私が、『いや、日本アルプスの長野に住んでいる』と

答えると、スタッフの態度が一変する。

彼らにとって、日本アルプスに住んでいるという事実は

とりもなおさず、私が、(中略)

しっかりと大地に根を下ろした信頼に足る人物、

決して宿泊料を踏み倒したり、不作法な振る舞いを

したりはしない本物の紳士『カントリージェントルマン』であると

受け止められるのだ。」

英国では、長きにわたり、「田舎」に土地をもたない都会人には

選挙権が与えられないという歴史があったためという。


「カントリージェントルマン」とは、

田舎紳士あるいは、田舎者(?)紳士の

ニュアンスがあるのかと思ったら、

大間違い。

本物の紳士なのだ。

日本の田舎暮らしの人は、胸を張っていい。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ




[PR]
by kitanojomonjin | 2017-03-31 12:21 | この国のかたち | Comments(0)