野生の思考 2017年3月28日

c0069380_13361568.jpg
最近、文化人類学者レヴィ・ストロースの著作「野生の思考」が、

とても気になる。

特に、「プリコラージュ」という考え方が。

「器用仕事」とか「日曜大工」と訳される。

南米の現地民族が、森の中を歩いて、

木の枝やいろんなものを袋に入れていく。

何かのときに、何かの役にたつと思って

入れていくのだという。

手近なものを使って、当面の課題に対応していく

「野生の思考」は、縦割りの現代人の思考に

決して、負けない。

災害や事故に直面したとき、

たとえば、3.11の後、停電になったときの東京を

思い起こしてみるとわかる。

帰宅難民でいかに難儀したか。

あるいは、乾電池不足をはじめ、

コンビニの商品が払底したあの光景を。


現代人より、未開人とよばれる人々が、

はるかに、生き延びる知恵を持っているのだ。

「野生の思考」が発表されたとき、

現代社会に与えた衝撃は大きかった。

いまや、「野生の思考」を再発見する時代になっていると思う。

そして、それは、縄文人の知恵を見直すことにも、繋がっていく。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2017-03-28 13:48 | 人生 | Comments(0)