日本海の無人島・久六島 2017年3月14日

c0069380_13262634.jpg
c0069380_13260268.jpg
日本海の五能線の沖合い50キロに

久六島という無人島があるという。

今読んでいる「海駅図鑑」の驫木(とどろき)駅の

項で、紹介されている。


著者は、波と風が穏やかな6月、

漁船を出してもらって、島を目指した。

片道2時間くらいで着く。

上の島、下の島、ジブの島の

3つの岩礁からなるという。

上の島に、高さ19メートルの灯台が設置されている。

それだけだった。


ただ久六島は、流れが速いので、

好漁場として知られているという。

海藻が良く育ち、アワビやサザエが良く獲れる。

タイ、ブリ、ホッケなど、魚影が濃いという。


今は、冬の荒波が押し寄せる日本海。

このむこうに、久六島という無人島が

あると思うと、ワクワクしてくる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-03-14 13:39 | 旅の街角から | Comments(0)