聖橋の夕陽 2017年2月27日

c0069380_17230736.jpg
いま、ラジオ深夜便の歌で、

「聖橋の夕陽」という歌を放送している。

作詞:石原信一

唄と作曲:堀内孝雄


こんな出だしである。

「学生街の坂道で

偶然きみに逢うなんて

白髪の混じる齢(とし)なのに

ときめく胸がよみがえる」


そして、5分間ほどことばをかわし、

いま幸せなことを確かめて

分かれる。


ラストは、こんなふうである。

「聖橋から眺める夕陽

川がまぶしく時はたたずむ

戻らない思い出に恋をする」


これは、あくまで、男性の側の未練だろう。

女性は、さらりと忘れて、

新しい人生に踏み出しているに違いない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2017-02-27 17:32 | 人生 | Comments(0)