沢木耕太郎の旅のつばくろ 2017年1月31日

c0069380_11032496.jpg
東北新幹線の車内誌「トランヴェール」で

いま、作家の沢木耕太郎さんが、

“旅のつばくろ”というエッセイを連載している。

最新号では、津軽半島の小泊を訪ねた思い出から、

小泊出身の歌手三上寛につながり、新宿のゴールデン街に

話が飛ぶ。

そこで、三上寛の思い出をこのように記している。

「三上寛は、60年代末に現れたシンガー・ソングライターで、

過激な歌詞と野太い声と叫ぶような歌唱が魅力の人だった。

デビュー前後の一時期、三上寛は新宿ゴールデン街の

小さなバーでアルバイトをしていた。

三上さんは、夜が更けてきて、

仕事の手を休めてもいいようになると、

ギター片手によく自作の歌をうたってくれた。

それは、のちにコンサートで聞いたときより、

強く胸に響くものだった。」

なるほど。

静かなトーンの三上さんの歌を聞いてみたかった。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ








[PR]
by kitanojomonjin | 2017-01-31 11:15 | 旅の街角から | Comments(0)