福岡の陥没事故が1週間で修復されたワケ 2016年12月15日

c0069380_12384545.jpg
福岡市の市道で、で大規模な陥没事故が起きたのに、

1週間で修復にこぎつけた。

なぜ?

先日の新聞の投書欄にその答えが寄せられていた。

(毎日新聞・2016年11月19日付)

投書によれば、炭鉱事故での経験が役にたったという。

「炭鉱の崩落現場での作業経験がある地元の土木建設業者が、

水中でも固まりやすい特殊な土をすぐに手配・供給した

機転のよさがあった」という。

さらに、このように述べている。

「炭鉱跡地で地表が崩落すると、

空洞部に水がたまることがほとんどで、

今回の現場はそれにそっくりだった」という。

今は、ほとんど、過去の産業になった炭鉱の記憶が、

現代に生きると言うのは、

とても興味深い。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2016-12-15 12:57 | この国のかたち | Comments(0)