青森駅前・一二三食堂 2016年11月24日

c0069380_13053387.jpg
先日の毎日新聞に、青森駅前に、かつて、あった

一二三食堂が、紹介されていた。

(2016年11月23日付・毎日新聞)

フリーライターの柏木智帆さんは、

懐かしく庶民的で、いまや無くなりそうな食堂を

「絶滅危惧種食堂」と名づけて、

日本全国を回っている。

その最初のきっかけが、青森駅前の一二三食堂だったという。


「雪をかぶった看板をくぐると、

おばちゃん2人が笑顔で迎えてくれた。

おすすめを頼むと『カスベ(エイ)の煮付け定食』が

出てきた。おいしくて骨までたべた」という。

その雪のなかの一二三食堂のたたずまいの写真。

カスベ定食の写真。

そして、2人のおばちゃんの写真が

載っていた。


北国の駅前あるいは、駅裏に、こんな庶民的な食堂は

いくらでもあった。

北海道の小樽駅と函館駅とかの

いろんな大衆食堂の情景が浮かんでくる。

あの大衆食堂も、もう、ないのだろうか?

「絶滅危惧種食堂」とは、ちょっと、さびしい。

ちなみに、一二三食堂は、いま喫茶一二三になって、

同じ場所にあるという。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ






[PR]
by kitanojomonjin | 2016-11-24 13:20 | 津軽 | Comments(0)