蕪村の冬の一句 2016年11月21日

c0069380_13413752.jpg


葱買(こう)て枯木の中を帰りけり


与謝蕪村の冬の句である。

この句を詩人の荻原朔太郎は、

絶賛して、つぎのように語っている。

「枯木の中を通りながら、郊外の家へ帰っていく人。

そこには葱の煮える生活がある。

貧苦、借金、女房、子供、小さな借家。

冬空に凍える壁、洋燈、寂しい人生。

しかしまた何という泌泌とした人生だろう。

古く、懐かしく、物の臭いの染みこんだ家。

赤い火の燃える炉辺。

台所に働く妻。

父の帰りを待つ子供。

そして葱の煮える生活!

それは人生を悲しく寂びしみながら、

同時にまた懐かしく愛しているのである。

蕪村のポェジイするものは、

人間生活の中に直接実感した侘びであり、

この句のごときはその代表的な名句である。」

たしかに、この句には、

独特の味わいがある。

いまころの季節に、ぴったりである。

さらに、萩原朔太郎がここまで、蕪村を高く評価するのも

びっくりである。

知らなかった。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ





[PR]
by kitanojomonjin | 2016-11-21 13:57 | 人生 | Comments(0)