土偶幻想②飛翔する土偶は? 2016年11月16日

c0069380_13242379.jpg
c0069380_13245409.jpg
c0069380_13262921.jpg
今年9月の三内丸山のお月見のときのワークショップで

縄文のポケモンをつくろうと呼びかけたら、

大盛況だったことは、このブログで何度もふれた。

実は、ポケモンのなかでも、人気の高いのは、

リザードンなど、翼をもった怪獣である。

子どもたちは、いろんな翼を持った造形を作っていた。

それはそれで、なかなか面白かった。


そこで、ふと考えた。

土偶の中で、翼とか空とかに対するイメージを

感じさせるものは、

あるだろうか?

土偶は、あくまで、母であり、大地に足をつけたイメージである。

真逆であるようだ。

だが、待てよ。

三内丸山で最も多く出土する十字型の土偶。

あれは、空を飛ぶ鳥のイメージにつながらないだろうか?

空中を飛翔するムササビのようにもみえる。

十字型の土偶のなぞをもう少し、

多角的に考えてもいいのかもしれない。

子ども達が、熱心に縄文のポケモンづくりをしている

姿をみて、そんなことを感じた。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ


[PR]
by kitanojomonjin | 2016-11-16 13:40 | 縄文 | Comments(0)